20代の人におすすめの育毛剤おすすめランキングをプロが評価

「まだ、若いのに帽子がないと外を歩けない……」

「20代なのに、抜け毛がひどい」

「まだ、育毛剤なんて使いたくない」

「育毛剤は種類が多くて、どれがいいかわからない」

皆さんの中にも、このような人がいるのではないでしょうか?

実際に、20代で薄毛対策をするとなると、どうすればよいのかと困るでしょう。

ここではそのような人たちに向けて、以下の流れに従い20代におすすめの育毛剤を紹介します。

<20代の人におすすめの育毛剤>
・プライドを持たずに育毛剤を
・薄毛の原因と考えかた
・おすすめ育毛剤5つ
・育毛剤選びのコツ

それでは、20代の人におすすめの育毛剤について本文をどうぞご覧ください。

個々の育毛剤については当サイトの別記事で取り上げています。

興味があればソチラもご覧ください。

無駄なプライドや恥じらいはもたない

若いうちから薄毛が疑われる場合、皆さんはどんな対策を取るでしょうか?

とりあえず、生活習慣の改善などから始める人が多いのではないですかね。

<薄毛対策の例>

  • 食生活の改善
  • 生活習慣の改善
  • ストレスフリーな生活をする
  • 髪に良い栄養を摂る
  • 運動をする
  • 保湿する

このように、いま自分ができることから、あるいは自分の手に届く範囲のことから始める人が多いでしょう。

実際のところ、この心構えは立派なものだと思います。

結局、何となく焦っていても何もしなかったり、そもそも、まだ自分は大丈夫だと思いこんで見ないフリをしたりします。

逆に、まず対策をはじめてみることの重要さを分かっている人こそが、目的を遂げられるのでしょう。

とにかく、行動に移した人だけが、薄毛やハゲの未来と闘う権利を得ると言っても良いでしょう。

『まずは手に届くところから始めてみる』

どんな要望や対策も、その気持ちでスタートするべきでしょう。

実際のところ、これらの生活を改善した結果として、薄毛予防になる人も間違いなくいるでしょう。

それこそ、今回のテーマである20代のまだ若い人たちは、生活習慣を変えることが大きな影響を及ぼす可能性はあります。

まだ、薄毛が始まったばかりの場合、あるいは、疑惑があるから予防したいというケースであれば、生活習慣を見直すことは間違いなく重要になるでしょう。

一方で実際に薄毛の傾向が如実に見られた人たちが、この方法で足踏みしているのはややマズイでしょう。

本当にまずいこととして、薄毛の進行は始まってしまえば非常に早いものです。

実際に20代で完全にハゲてしまっている人達も、中には居ることを皆さんは知っているのではないでしょうか?

もう一歩ばかり踏み込んで、育毛剤の使用が必要になります。

しかし、20代で育毛剤を使うことを以下のように思う人がいるでしょう。

「みんなは使っていないだろうから、自分だけ使うのが恥ずかしい」

「誰かに育毛剤を使っているのがバレると恥ずかしいだろ」

「まだ若いのに育毛剤なんて必要ないよ」

「育毛剤は信じられないし、まだ若いし、やりようはあるって」

「まだまだ、これからなんですけれど。育毛剤まではイラナイでしょ」

実際にこのようなことを思う人もいるのではないでしょうか。

ハッキリと言ってしまえば、妙なプライドが選択肢を狭めているケースです。

これは、実際には本人がいずれ困る可能性があるのですがね。自覚があるのであれば、どうにかして直しましょう。

いま、目の前に薄毛予防や抜け毛対策に効果を発揮する(と考えられる)育毛剤があるのに、プライドが邪魔して手に取れないのではお話になりません。

若さゆえの諸々の感情と折り合いをつけて、覚悟を決めて育毛剤を使うことにしましょう。

実際そうでなければ、すでに始まってしまった薄毛予防や抜け毛防止はできないのです。

もちろん、生活習慣の改善も大事でしょう。

しかし、育毛剤を使うことで根本から対策を立てないといけないのです。

さて、この記事ではおすすめの育毛剤を紹介しています。20代の方々にもはじめから手を取りやすいものを紹介するつもりですので、参考にしてください。

若い人にとって薄毛の原因と考え方

最近となっては、若ハゲももはや珍しくないイメージです。

完全にハゲてしまわなくても、20代のうちから少しずつ薄くなってしまったら、「今後どうなっていくのだろうな」と不安に思いますよね。

実際、男性にとって薄毛やハゲの問題は深刻です。

統計的に見ても、多くの世代・多くの人が悩みとして持っているそうですよ。

若い人が薄毛になる主な原因は以下の通りです。

<若年性の薄毛の原因>

  • 食生活
  • ストレス
  • 血行不良
  • 喫煙
  • 飲酒
  • 運動不足
  • 遺伝

このように遺伝を除くと、大体の原因は生活環境の悪化ですね。

ちょうど、20代の頃は生活が一番乱れやすいのですよね。

若くて元気であり、学生生活・就職などで生活環境が変化したりするからです。

さらに、これらを見直しても進行するAGA(男性型脱毛症)も若年性の薄毛の原因と考えられます。

上記は大体AGAを悪化させる要因にもなります。

若い人の進行性の薄毛は、だいたいがAGAであるケースが多いです。

育毛剤を選ぶ時はAGA対策に力を入れている育毛剤を選ぶべきでしょう。

もちろん、生活習慣の改善も行いましょうね。

ここからはオススメの育毛剤をピックアップしていきます。

登場順におすすめ度が高いので参考にして下さい。

20代におすすめの育毛剤その1「チャップアップ」

数ある育毛剤の中でも、スタンダードな作りをしている育毛剤であるチャップアップが、一番のオススメであるといえます。

20代で育毛剤を利用するのなら、奇をてらわない使いやすい育毛剤からピックアップするべきでしょう。

確かに一般的な作りですが、他の育毛剤と比べて配合成分数と配合量が飛び抜けています。

厚生労働省が効果を見込んだ成分を網羅的にカバーしているのではないか、と思わせるほどです。

配合成分数においては、間違いなくトップクラスと言えるでしょう。

育毛効果のあるM-034も配合されています。

無添加・無香料の育毛剤であり、使用感も良いと評判であり、この意味でも初心者向けと言えます。

AGAの脱毛の要因であるDHTという男性ホルモンの働きを抑えるために、オウゴンエキスやヒオウギエキスなどが確認できる他、薄毛・抜け毛の原因対策や予防を担う成分が大量配合されているのです。

20代におすすめの育毛剤その2「イクオス」

イクオスは大体の説明がチャップアップと共通している育毛剤です。

つまり、スタンダードな育毛剤の中でも高クオリティということです。

リニューアル後は、製法や配合にさらに工夫が見られますが、以前から評価が高かったこともあり、今回は詳細を割愛します。

育毛効果のあるM-034を進化させたアルガス-2を配合しています。

サプリメントなどの関連製品の評価が高いことでも有名です。

20代におすすめの育毛剤その3「BUBKA」

こちらもスタンダードな育毛剤の一つです。これまでの育毛剤同様に奇をてらわず、忠実高クオリティな出来に仕上がっています。

また、育毛座成分であるM-034を配合している点もこれまでの育毛剤と同じです。

成分の数がこれまでの育毛剤よりもヤヤ少ないことと、値段の問題で3位となりました。

20代におすすめの育毛剤その4「ポリピュアEX」

これまでとは違い、M-034配合の育毛剤ではありません。

バイオポリリン酸配合が特徴的な育毛剤です。

育毛に関連するFGFという因子にアプローチする力が強いとのことです。

他の育毛剤もFGFにアプローチしますが、ポリピュアEXはもっと広範囲にアプローチできるわけです。

20代におすすめの育毛剤その5「DEEPER3D」

これまでとは違い、医薬部外品である育毛剤ではありません。これは化粧品の仲間です。

キャピキシルという新たな成分が育毛に効くとのことなのですが、これをメインに配合すると医薬部外品の届けが出せません。

いくつかの育毛剤は同じような状況で、化粧品にカテゴライズされていますが、キャピキシルの評判は徐々に上がっているようです。

それら製品の中から、勢いのあったDEEPER3Dを今回はオススメします。

20代向け育毛剤の選び方とコツ

20代向けの育毛剤について目を向けてきました。

だいたいの選択基準は成分のバランスが良いか、になります。

あるいは、コストと兼ね合いでしょうか。

20代向けということで、定期的に育毛剤を買った場合でも、それほど負担にならないものをチョイスしてきたつもりです。

育毛剤の選び方のコツとしては、高クオリティと目される育毛剤の中から選んでみるのが良いでしょうか。

実際のところ、育毛剤とか個人ごとに相性の問題が存在しています。

育毛剤を自分に使ってみなければ、自身にベストマッチな製品かどうかが見えてこないという事実があります。

今回の本文で紹介しているものは、なるべく多くの人の体質にマッチしやすい育毛剤を選んでいるので、まずはこれらの中から手に取ってみることをオススメしましょう。

さて、逆に、選んではいけない育毛剤の基準についても書いておきます。

避けるべき育毛剤の特徴を押さえましょう。

まずひとつは、ミノキシジル配合の製品になります。

AGAが問題となっているというのは既に書きましたが、ミノキシジルはAGA対策として用いられる医薬成分です。

つまり、育毛剤の範疇を超えて、医薬品になってしまうわけです。

これが配合されているものは、いろいろと人気なんですよね。

正確には育毛剤ではなく、発毛剤なのですが、育毛剤の仲間として店頭に並んでいたり、ネットで売られたりしています。

よく知らないと、そのまま買ってしまうでしょう。

薬剤師と相談の上でないと買えないはずですが、むしろそれが「他のよりもよく効く」という印象を抱かせるかもしれません。

実際のところ、確かに効果が高い成分ですから、最終手段としては悪くないのかもしれません。

CMでおなじみのリアップの主要成分です。要するに20代の人はリアップを避けて欲しいと言っているのです。

なぜなら、この成分においては副作用の危険性が高いからです。

初期の薄毛などで使うことを避けたいのです。しかも、リアップは壮年性脱毛症がターゲットにしています。

例えば、加齢が進み、薄毛が悪化し、だいぶ進行してしまって、もうほぼ完全にハゲてしまっている、という場合ならこの成分を配合したものが効果的になるでしょう。

しかし、まだ20代であれば育毛剤で手の施しようがある人も多いでしょう。

予防・対策で済む間に、いきなり最終手段に出る必要はありません。

20代の薄毛症状の初期で使うには、まだ早いものであるということです。

もう一点の注意点としては、プロペシアという成分が配合された製品には注意が必要です。

これも育毛剤ではなく医薬品になるはずです。

だいたいはミノキシジルと同じ言い分です。20代には、まだ早いのではないかと考えます。

しかも、これは脱毛に関係するホルモンを強力に抑えようとする成分です。

効果は高いですが、特に20代の男性には見逃せないリスクが潜んでいます。

関係のない男性ホルモンまで抑制する可能性があるのです。

男性ホルモンは精力や性欲の元とも言えるので、精力減少や性欲減退に繋がりかねません。

20代の男性としては堪ったものではないでしょう。

もっと性に落ち着いてから使っても遅くはありません。

まだ、どうにか手が出る薄毛の範囲なら、まずは育毛剤でしっかりと予防と対策をしましょう。

いずれは、これらの成分の出番となるかも入れませんが、20代という若さでは避けたほうが良いときが多いでしょう。

まとめ

20代向けの育毛剤についてまとめてきました。

生活習慣などの乱れ以外に、20代の若さで薄毛の危機になるのはAGAによるものが多いようです。

そのため、まずはAGAに強い育毛剤を選ぶべきでしょう。

生活習慣は自助努力で整える方針です。

一方で、医薬成分配合の育毛剤(本当は発毛剤)は、20代の薄毛初期の人にはオススメできません。

今回紹介した育毛剤は期待値の高いものをチョイスしています。

好みに合うものから手に取ってみてもよいでしょう。

個々の育毛剤については当サイトの別記事も参照にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です