30代の人におすすめの育毛剤おすすめランキングをプロが評価

「同期が最近ハゲ始めたんだよね……」

「30代に入ったら、一気に抜け毛がやばくなったよ」

「20代の頃よりヘアケアのリスクがさらに上がるとか、けっこう厳しいな」

「でも、育毛剤使えばなんとかなるかな。いっぱいあり過ぎるけど……」

このような人達のために30代向けの育毛剤おすすめランキングを作りました。

以下の流れに従って、30代向け育毛剤とは何かをまとめます。

・30代の髪の毛の悩みについて

・育毛剤との相性について

・ランキング・ベスト9

それでは、本文をどうぞご覧ください。

また、個々の育毛剤の詳細な説明は別記事でまとめています。興味が出たならぜひご覧ください。

30代の髪の毛の悩みは?

30代の男性にとって髪の悩みとは何でしょうか?

「髪の悩み?ハゲることだよ。ハ・ゲ・る・こ・と!!」

「まだ大丈夫だろうと思っていたら、同期がハゲてた……」

「抜け毛が増えてきたけど、ヤバイのかな?」

30代は既にそろそろ危ないな、と考えられる世代です。

「30だいになったら、いきなり髪の毛がピンチで泣きたくなるんだけど……」

髪のボリュームは減り、生え際も後退し、あるいは頭頂部が禿げてくる、とかでしょうか。

実際に、30代でヘアトラブルを抱える男性は想像以上に多いです。

同じ境遇も人が多そうだからと安心しないでくださいね。

ヘアトラブルの危険性が30代からはさらに顕著になります。

しかし、加齢による脱毛は考えなくてもいいため、それ以外の原因があるということでしょう。

しかも、30代にとって成長ホルモンの分泌はまだまだ多いです。

つまりは、髪の毛の成長も本来であれば、まだまだ見込めるということです。

それでもなお、髪の毛に悩みを抱える男性が増えるのが30代なのです。

さて、この原因として考えられるのは何でしょうか?

まずは脱毛に関わる男性ホルモンの働きによって薄毛になるケースがあります。

これはAGA(男性型脱毛症)と呼ばれるのです。

このAGA脱毛症は20代からも発症することがあり、30代でも当然のごとく発症する人が多いので気を付けなければなりません。

このAGAの最大の脱毛ファクターになるのが、男性ホルモンのバランスが崩れてしまうことでしょう。

生活習慣の悪化に伴って、このホルモンバランスの乱れは訪れます。

睡眠不足や食生活の乱れ、ひいては栄養の偏り、ストレス過多、喫煙、飲酒、生活習慣を壊す要因はいくらでもありますね。

生活習慣の乱れはAGA由来の薄毛を進行させてしまうのです。

しかも、生活習慣がAGAの原因の一因とは言え、実はこれらを直しても脱毛症が進行する場合があります。

結局AGAの解決策としては、脱毛に関係する男性ホルモンの分泌を抑制してくれる成分が入っている育毛剤を選ぶことが重要ではないでしょうか。

もちろん、生活習慣を改善するべきでしょう。

しかし、それでも止まらない可能性があります。

そもそも、そんな簡単には生活を整えられないものですよね。

さて、薄毛・脱毛が頭皮に原因がある場合もあります。

30代の男性には皮脂の過剰分泌が見られる事が多いということです。

実は30代ころに最も皮脂の分泌量が増えるのではないかと言われています。

さらに、先ほども挙げた生活習慣の乱れも影響を与えて悪化させます。

皮脂の過剰分泌で頭皮の環境を壊してしまいます。

頭皮は髪の毛の成長していくための土台となる場所です。

皮脂によって毛穴を塞ぐことになると、どんどん髪の毛は細くなり抜け毛が進行してしまうでしょう。

つまり、ヘアトラブルを避けるためには、頭皮の環境は必ず維持しなければならないのです。

皮脂の分泌を抑える、正確には皮脂そのものは必要なものでもあるので、皮脂の分泌を整える成分の入った育毛剤がベストでしょう。

頭皮の話が出たので、続けて頭皮の血行の話をします。

頭皮で血行が不良状態に陥ってしまったために、髪の毛がうまく育たなくなる場合があります。

それは発毛・育毛には栄養が絶対に必要なのですが、血行不良になるとそれらが行き渡らなくなってしまい、まともな成長が見込めなくなってしまいます。

血行不良は頭皮が硬くなることに繋がり、早めに対処するなら血行を改善する育毛剤が必要になります。

原因と目されるものはいくつかありましたが、結局は育毛剤を使うことをオススメします。

育毛剤の相性について

さて育毛剤のランキングを発表する前に、ひとつ考えておかなければならないことがあります。それは育毛剤と個人の間にある相性のことです。

結局のところ、その育毛剤が利用者にとって『合う』のかは使ってみなければ確認できないのが最大の問題となります。

しかも、育毛剤の効果というのは、3ヶ月から半年くらい継続使用して判定するものです。髪の毛の成長はもともと遅いものです。効果を実感できるかどうかは、半年くらい観察するのがベストな方法です。

1ヶ月・2ヶ月くらい使ってみて、効果がないからやめることは、育毛剤の力をきちんと見定めていないことになります。

本当に自分に合わないのかどうかも分からずにやめてしまい、それでコロコロ変えてつぎの育毛剤に変えるようでは、結局は自分の損失になってしまうでしょう。

今回作成している育毛剤おすすめランキングでは、より多くの人にマッチすると期待できる育毛剤をチョイスしています。

しかし、既に書きましたが、実際に手に取ってみて継続使用してみるまでは、利用する人には合うかどうかはわかりません。

ランキングの上方の育毛剤から取っていただいても構いませんが、特徴や効果・効能がはっきりと分かれていることもあるため、興味を持ったものから手に取ってみるとよいのではないでしょう。

何度も言いますが、実際に試さなければわからないのです。効果を信じて継続して利用できそうなものから手に取るのが、精神安定上よいのではないでしょうか。

継続した使用が条件であるため、場合によってはコストパフォーマンスについても言及していきます。また、返金保証などに注意点がある場合は合わせて説明します。

1位 チャップアップ

チャップアップはまさに限界まで基本に忠実に作った育毛剤と言えるでしょう。

基本を徹底的に押さえ配合した成分の数は業界でもトップクラスです。

AGAの原因であるDHTという男性ホルモンの活動を抑えるために、オウゴンエキスやヒオウギエキスなどのAGA対策成分も確認できます。

また、薄毛・抜け毛の予防を担う成分も大量に配合しており、育毛効果があるとされるM-034という成分なども配合しています。

ネット上の様々な場所でオススメ育毛剤として評判であり、実際のところ、人気も登場以来上位をキープし続けています。

結局のところ、育毛剤は配合している成分が物を言います。厚生労働省に認められた成分を含めて、実績のある成分を大量に配合しているチャップアップは期待値の高い育毛剤と言えるでしょう。

無添加・無香料で使用感も良い育毛剤です。コストもそこまで高くないので、継続使用しやすいのではないでしょうか。

2位 イクオス

イクオスも配合している成分の数が多い育毛剤です。

育毛剤の成分が多いということは、効果や効能を網羅的にカバーできるということなので、自然と期待値も向上します。

おすすめの育毛剤は「チャップアップかイクオスか」みたいにも言われる、育毛剤の2強のひとつです。

リニューアルが行われるなどと開発も意欲的であり、育毛成分M-034を進化させたアルガス-2を配合していたり、頭皮への浸透力の強化の工夫をしていたりと今後にも期待ができます。

一つ注意点ですが、イクオスは公式サイト以外では返金保証やアフターケアがついてきません。

イクオス公式は公式サイト以外では、イクオスを販売しないと強調しています。つまり、大手通販ショップなどでは売らないと明言しています。

返金保証をはじめ、トラブルにならないように公式サイトで買うようにしましょう。

イクオスの価格も公式販売の割引を利用すれば、決して大きな負担にはならないでしょう。

3位 リアップX5プラス

リアップ5Xプラスを載せるかは少し迷いました。

これは医薬成分のミノキシジルが含まれています。これまでとは違い、育毛ではなく発毛を行う成分です。

ミノキシジルは確かに発毛に効果を認められており、市販されているヘアケア用品の中ではリアップにしか配合されていません。

しかし、副作用のリスクが怖いのが難点です。副作用があることから、最初の使用時は個人の判断ではなく、クリニックへの受診をオススメします。

AGAによく効くと考えられるためランクインしましたが、これは育毛剤ではなく『医薬品』です。本来であれば予防ではどうしようもなくなるほどに、薄毛が悪化してからが出番となるものでしょう。

安易な気持ちで購入しないで下さい。使用を検討する場合は、きちんとした知識を持つ医者か薬剤師に相談して下さい。

4位 プランテル

プランテルはM字の薄毛(M字ハゲ)予防に向いた育毛剤です。

M字ハゲに特化した性質を持つ、ちょっと珍しい育毛剤でしょう。

生え際が怪しい男性やM字ハゲを対策したい男性向けの育毛剤です。

30代ですとM字ハゲも見られてくる頃なので、高く評価しました。

5位 BUBKA

BUBKAはノンアルコール製法で作られている育毛剤であり、成分数が多いことが特徴です。

また、育毛成分であるM-034も配合しており、これをいちはやく配合した経緯があります。

頭皮の硬化を防ぎ、成分の浸透力を確保するなどの工夫も見られます。

チャップアップ、イクオス、BUBKAは成分数が多い高クオリティの育毛剤と言えるでしょう。しかし、BUBKAはややコストパフォーマンスに劣る傾向です。

6位 DEEPER3D

キャピキシルという次世代発毛成分を中心に配合しています。実際に期待は大きい成分でしょう。

しかし、キャピキシルは厚生労働省によって、医薬部外品(育毛剤の条件)に認められていません。そのため、DEEPER3Dは法的な呼称では育毛剤ではありません。

しかし、今後次世代のスタンダードになれる可能性も秘めています。チェックしておいて損はないでしょう。

なんであれ、新しいものが認可されるのには時間がかかるものです。リスクがなく、高い効果が見込めるのならば、いずれは認可もされるでしょう。

以前にリニューアルを行っており、リニューアル後はリデンシルという成分も追加されました。また、新しい育毛成分です。意欲的な開発を続けるメーカーと言えます。

やや独特な使用方法(スポイト)なので、使用感については評価できません。

また、新成分を中心としているためか、単純に販売価格が高い傾向です。継続コストがやや負担になりがちであり、育毛剤としても優先順位を落とすかもしれません。

7位 ポリピュアEX

ポリピュアEXは複雑な工夫をしている育毛剤です。

この育毛剤については、当サイトの別記事を参考にしてもらったほうが良いでしょう。

一例としてバイオポリリン酸を配合しており、今まで考えていたアプローチ以外の方法を取っています。これはまさに新発想・新しい発毛メソッドであり、今後に期待が持てます。

7位にしている理由は、配合成分についてデータが足りないことに尽きます。

しかし、ここまで見てきた中で圧倒的にコストパフォーマンスが良いので、経済的な負担はあまりないでしょう。

8位 アデノゲン

アデノゲンは大手化粧品メーカー資生堂から発売されています。大手ゆえの信頼感があるでしょう。

この育毛剤は髪の毛の発毛オーダーを下す因子・FGF-7を作る「アデノシン」という成分を配合しています。

大手メーカーであることとドラッグストアや薬局で購入が可能であるということを評価しました。

9位 フィンジア

フィンジアもキャピキシルを配合した育毛剤(正確には化粧品)です。

さらに注目の成分ピディオキシジルも配合しています。

キャピキシルもピディオキシジルも新世代の発毛成分と言えるでしょう。

フィンジア新成分を効率よく使うために、頭皮への浸透力向上に積極的です。

新世代の育毛剤といえるかもしれません。

効果を試してみるだけの価値はあるでしょう。

1個あたりの容量が少ないわりに価格は高めです。

つまり、コストパフォーマンスが悪いことがデメリットでしょう。

まとめ

30代向けのオススメ育毛剤ランキングを作成しました。

出来る限り多くの人にマッチするものをチョイスしたはずです。

しかし、ヘアケア用品は個人との相性がもっと大事となります。

結局のところ、最後にその育毛剤について調べるのは、自分ということになるでしょう。

自分に合っているかチェックすることが、育毛剤を選ぶときの最も大事なことです。

ランキングでは9個の育毛剤をチョイスしました。

これらは育毛剤業界の第一線で期待を集める育毛剤です。

まずは、手に取りやすいものから購入してみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です