40代の人におすすめの育毛剤ランキングを育毛剤研究家が解説

「40代ってそろそろ髪の毛がヤバイのかな」

「つむじのあたりのボリュームが減ったかもしれない」

「薄毛や抜け毛の対策ってなにすればいいんだろ? まずは育毛剤かな?」

40代に突入し、そろそろ本格的に髪の毛のボリュームが不安になってきた男性向けに、40代におすすめの育毛剤を紹介します。以下の流れで育毛剤を紹介していきます。

<40代向け育毛剤>

・40代のヘア事情・薄毛と抜け毛の状況

・40代の薄毛と抜け毛の原因

・おすすめランキング5つ

・クリニックを受診するということ

それでは、本文をどうぞご覧ください。

個々の育毛剤は当サイトで個別記事を作成しています。良かったらあわせてみて下さい。

40代のヘア事情・薄毛と脱毛の状況

「今までは大丈夫だったのに……」

「もう駄目なのかな……。ハゲるしかないのか」

男性が40代になると薄毛や抜け毛に悩む人は、とてつもなく増える印象です。

これまで10%くらい、10人に1人が悩むくらいでしたが、一気に30%オーバー、3人から4人に1人が悩んでいるようです。

これまでは他人事だったとしても、一気に薄毛や抜け毛、ひいてはハゲが身近になってくる時期でしょう。

そうでなくても、同期や同年代の人が4人に1人にハゲてきていたら焦るでしょうね。

しかし、40代で薄毛や抜け毛に悩み、ひいてはハゲてしまい、そして諦めるというのはまだ、時期が早いかな、という印象を受けます。

一方で、50代を超えていたら加齢によるファクターによって仕方がないかな……、という印象ですが、40代はまだ抵抗を試みることができる程度に時間がありますからね。

まずは、生活習慣の乱れによって薄毛や抜け毛に繋がることを挙げなければならないでしょう。

実は20代・30代のツケが出る頃ともいえます。

40代の薄毛や抜け毛の原因と対策

40代の薄毛や抜け毛の原因も、20代や30代の薄毛や抜け毛の原因とほぼ同じなのです。

ついに、生活の乱れによる悪影響が、体の回復力を上回ってしまったのでしょう。

栄養の偏り、睡眠不足、飲酒、喫煙、過度なストレスが代表的な生活習慣の乱れです。

このように書くと生活習慣病にも見えますが、薄毛や抜け毛、ハゲには生活習慣病の一面があるのは間違いないでしょう。

もちろん、生活習慣だけが薄毛や抜け毛の原因というわけではありませんが、他の原因さえも生活習慣の乱れが悪影響を加速させてしまいます。

さて、他の原因としてまずはAGA(男性型脱毛症)が挙げられるでしょう。

脱毛に働くホルモンが薄毛や抜け毛のファクターになっています。

体内で生産された男性ホルモンが、5αリダクターゼという酵素によってDHTに還元されます。

これが脱毛に働くホルモンとして、生え際や頭頂部で特に強く働くでしょう。

40代になると、頭頂部で強く働く印象です。M字ハゲより頭頂部ハゲのほうが多いイメージですよね。

このAGAの脱毛ファクターは、男性ホルモンのバランスが崩れてしまうことでも悪影響を受けます。

生活習慣の乱れや悪化により、このホルモンのバランスが崩れてしまうことでAGAがさらに進行するでしょう。

生活習慣の乱れは、それ自体も薄毛や抜け毛の原因ですが、さらにAGA由来の薄毛や抜け毛さえも悪い方向に進行させてしまうのです。

しかも、生活習慣の乱れがAGAを加速させる原因のひとつとはいえ、実は生活習慣を見直してもこの脱毛症が進行する場合もあります。

AGAは遺伝的要因も関係してきますし、既に進行を始めていた場合は、生活習慣の見直しだけでは止まらないかもしれません。

結局のところ、AGAの脱毛に対する解としては、脱毛因子となるホルモンの分泌を抑制する成分が配合されている育毛剤を選ぶことが必要でしょう

もちろん、生活習慣も改善するべきです。それ自体でも薄毛や抜け毛もリスクになりえます。

しかし、それでも薄毛や抜けの進行が止まらない可能性もあるのです。

そもそも、40代になって簡単に生活習慣を変えられるでしょうか?

もちろん、ハゲるくらいなら生活習慣を見直すべきですけどね。

さて、若い頃からの乱れた生活習慣のツケが遂に回ってきたこと、あるいはAGAが進行したことが、薄毛や抜け毛の大きな原因ですが、40代にはもうひとつ問題があります。

20代や30代の頃と比べて、そろそろ髪の毛が改めて生える力、発毛力が落ちてきてしまっていることです。

髪が生えにくくなっていっているのです。

本来であれば大きな問題になりません。

若い頃と比べて少し成長力が落ちた程度の話なのですが、薄毛や抜け毛と組み合わさると、途端に大きな問題になります。

一度薄毛や抜け毛が進行してしまうと、なかなか抵抗できなくなってしまうのです。

ゆえに注意が必要なのですが、成長力が衰えたからこそ薄毛や脱毛を予防するのであれば、早め早めの予防が必要でしょう。

他の原因としては、頭皮の毛穴に異常がある場合や頭皮で雑菌などが繁殖してしまっている場合なども脱毛につながります。

幸い30代を超えたこともあり、皮脂に関しては分泌量が減少傾向になっているはずです。

皮脂由来のトラブルはリスクが減っているでしょう。

先ほども書きましたが、加齢による新しい髪の毛が生える力が落ちていることなども考えられます。

もっとも、まずは生活習慣を見直してみるべきでしょう。

それでも止まらない場合は、それはAGAが原因になっていることが大多数です。

さらに、自助努力で生活習慣は治せるでしょうが、既に髪の毛を成長させる力を失ってきているため、やはり育毛剤によるヘアケアが必要になる可能性が高いでしょう。

40代向け育毛剤

40代向けの育毛剤はどういう選び方をするべきでしょうか?

40代はハゲるにはまだ早くとも、AGAをはじめとした薄毛や抜け毛の原因からの影響を強く影響を受けます。

まずはAGAに対策できる成分を配合した育毛剤を中心に選ぶべきでしょう。

また、年齢的に手遅れになる可能性があることから、実績が大きい育毛剤を中心に選んでいきます。

また、厳密には育毛剤ではありませんが、育毛ではなく発毛を目指す、医薬品である発毛剤も一緒に載せます。

これまでの年齢なら副作用のリスクを考えて、あまりオススメしてしなかったのですが、先に挙げた通り手遅れのリスクも上がってきました。

最終手段として書いておくべきでしょう。

オススメその1「チャップアップ」

チャップアップは、50を超える育毛成分を配合した育毛剤です。配合した成分の数は業界でもトップクラスです。

育毛剤の配合成分が多いことは、考えられる効果や効能を網羅的にカバーできるということです。

今回のターゲットのひとつ、AGAの原因であるDHT・男性ホルモンの活動を抑える成分、例えば、オウゴンエキスやヒオウギエキスなどのAGA対抗成分も配合されています。

また、育毛効果が見込める成分としてM-034なども配合しています。

よくオススメの育毛剤とし名前が挙がる製品であり、人気も登場以来ずっと上位をキープし続けています。リピーターが多いということでしょう。

結局のところ、育毛剤は配合している成分がすべてという側面があります。

チャップアップは厚生労働省に認められた成分を含めて、実績のある成分を中心に配合している期待値の高い育毛剤でしょう。

無添加・無香料で印象も良い育毛剤です。

継続使用しやすいコストパフォーマンスが良い育毛剤です。

成分内容からも実績からも最も期待できる育毛剤です。

オススメその2「イクオス」

イクオスも配合している成分の数が多い育毛剤です。

チャップアップと合わせて育毛剤の2強といったイメージでしょうか。

いくつかの工夫があり、まずは育毛成分M-034を進化させたアルガス-2を配合しています。

ほかにも、頭皮への浸透力を確保しています。成分が多くても浸透力がなければ、意味がありません。

注意点として、公式サイト以外では返金保証やアフターケアがつきません。

オススメその3「リアップX5プラス」

リアップX5プラスは発毛剤、つまりは医薬品です。

第一類医薬品に分類され、薬局やドラッグストアの店頭で購入できるほか、ネット通販でも買えるようになりました。

最も重要のことですが、医薬品に分類される成分(ミノキシジル)を配合しており、副作用のリスクがあります。

副作用のリスクが有るのです。

これまで紹介している育毛剤とは意味が違います。

育毛剤の役目は予防ですが、発毛剤の役目は治療です。

素人の個人判断だけで使うのは厳しいところがあるでしょう。

少なくとも最初はクリニックなどの医療機関を受診し、相談するのが安心です。

クリニックを受診すれば、適切な治療や薬を提示されるとは思います。

リアップ以外を勧められる可能性が高いのですが、それならそれでOKです。

一方で医療成分配合ということであり効果は強力です。

特にAGAに対する効果は強く期待できます。

育毛剤の予防ではもう手が出せないような薄毛や抜け毛の進行を、ケアしてくれるでしょう。

繰り返しますが、リスクがある製品です。

当サイトでは個人の判断で使い始めずに専門家に相談をするようにお勧めします。

医療としての薄毛治療

おすすめの育毛剤を紹介している途中ですが、クリニックの話題が出たので医療としての薄毛治療に触れておこうと思います。

クリニックと言っても、そもそも薄毛の治療ではどこに受診すれば良いのでしょうか。

答えは頭髪専門クリニックか、一般病院の皮膚科あるいは内科でも相談を受け付けているでしょう。

皮膚科・内科の方は内服薬による治療が主体となっているケースが多いようです。

有名なのはプロペシア錠になります。

強力に発毛促進するよりも、薄毛や抜け毛を止めて現状維持するといった印象でしょう。

一方で頭髪専門クリニックは、もう一歩踏み込んでいます。

発毛を目指すのですが、より細かい治療プランを提案してくれるでしょう。

最初にどれだけ脱毛が進行しているのか相談する程度であれば、普通の病院にかかっても問題はありません。

より症状が深刻であれば、専門クリニック受診も必要になるでしょう。

まあ、頭髪専門クリニックは基本的に費用が高くつきますので、それを考えたら最初は普通の病院に行ってもいいのではないかな、と考えられます。

無料カウンセリングをやっている頭髪専門クリニックもありますから、そちらを受けてみるのも良いのではないでしょうか。

発毛剤を利用しようと思ったときには、相談してから使うことを強くお勧めします。

オススメその4「BUBKA」

BUBKAはノンアルコール製法で作られている育毛剤の先駆け的存在です。

また、同時に成分数が多いことが特徴になります。

育毛成分であるM-034も配合しており、これもいちはやく配合した経緯があり、配合量にはこだわりがあります。

また、頭皮の硬化を防ぎ、成分の浸透力を確保しています。

チャップアップ、イクオス、BUBKAは成分数が多いのですが、中でもBUBKAはややコストパフォーマンスに劣ります。

今回4位になっている理由です。

オススメその5「PLANTEL」

プランテルはM字の薄毛・抜け毛(M字ハゲ)の予防に向いた育毛剤です。

M字ハゲに特化しているという珍しい育毛剤です。

実際、M字ハゲには効果が期待できます。

一方で、頭頂部のハゲには効き目が薄いと公式サイトでも明言しています。

40代ですと頭頂部の薄毛が多く見られる世代なので、優先度がだいぶ落ちるかもしれません。

しかし、M字ハゲの40代がいないわけではないので、そういった人たちには強い味方になってくれるでしょう。

まとめ

40代におすすめとなる育毛剤を4つと発毛剤を1つまとめました。

40代であったとしても、薄毛や抜け毛の原因となりやすいのは、生活習慣の乱れとAGA(男性型脱毛症)でした。

これらに対抗するとして、生活習慣の乱れは自分の努力でなんとかなりますが、AGAを始めとしたその他の要因には、育毛剤を持って対処するのがベストでしょう。

また、クリニックに相談することや発毛剤の利用も考慮するべき年代に入ったと言うべきでしょう。

40代ともなると、そろそろ髪の毛が新しく生える力が衰え始めてくる頃です。

これまでは薄毛や脱毛の因子からの影響を相殺してこられたかもしれませんが、これからは影響を強く受けるようになる年齢と言い換えることも出来ます。

ヘアケア・スカルプケアには、敏感になるべき年齢であり、そして育毛剤を使った薄毛の予防は早め早めに考えるべき年齢でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です