育毛剤とAGA治療はどっちがいい?プロが教える4つのメリット・デメリット

「AGAって何のこと?薄毛のこと?」

「脱毛症かよ……。治療方法は?」

「血筋的に禿げるんだよね……」

「クリニックと育毛剤のどっちが効果的かな?」

AGA(男性型脱毛症)の治療法を明確に思い浮かぶ人がいるでしょうか?

そのためにはAGAについて一通り知っている必要がありますね。

一番手軽な方法は育毛剤の使用になるでしょう。

しかし、AGA治療にはいくつかの他の方法もあります。

本文中では以下の観点から育毛剤による対処と、その他の方法による対処を比較していきます。

<育毛剤とその他のAGA治療の比較>

・AGAとは男性型脱毛症のこと

・育毛剤とAGA治療の関係

・その他のAGA治療

・育毛剤のメリット・デメリット

それでは、どうぞ『育毛剤とAGA治療の比較』について本文を御覧ください。

AGAとは男性型脱毛症のこと

AGA(男性型脱毛症、androgenetic alopecia)は、一般的には思春期以降に発症すると言われる進行性の脱毛症のことです。

実のところ、原義に則って訳すのならば「男性ホルモン型脱毛症」とするほうがわかりやすいかもしれません。

要するにAGAにはホルモンの作用が関わっているのです。

さて、AGAの典型的な脱毛パターンではこめかみの上あたりから脱毛が始まり、生え際の後退が起こります。

おでこが特徴的な「M字」のパターンとなるため有名でしょう。

また、生え際の後退だけでなく、頭頂部の毛髪が細くなるとともに、薄毛になりやすいです。

AGAは遺伝的な要素が大きく関わっていると考えられています。

男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)の作用による引き起こされるのです。

もっとも、ジヒドロテストステロンが直接作られるのではなく、体内で分泌された別の男性ホルモン(主にテストステロン)が5αリダクターゼという酵素で還元され、DHTが生産されます。

つまり、5αリダクターゼを抑えることがひとつの解決となるでしょう。

この5αリダクターゼこそが遺伝的な要因によって制御されています。

脱毛症自体は時間とともに進行することはあっても、自然の要因で止まることはありません。

しかし、脱毛症であっても産毛は残っていることが多く、太くたくましく育毛することを諦める必要はないです。

育毛剤とAGA治療

育毛剤でもAGAへの対処が可能です。

もっぱら、予防というかたちで育毛剤は役に立つでしょう。

最近のネットの評判ではチャップアップやイクオスなどが代表格でしょうか。

先にも書きましたが、男性ホルモン(主にテストステロン)と呼ばれるホルモンが、体内で5αリアクターゼと呼ばれる酵素の還元作用によってジヒドロテストステロンになっています。

つまり、5αリアクターゼと呼ばれる酵素の還元作用を抑える事が重要でしょう。

育毛剤の中にはAGA対策ができるものも売っています。

一方で、大量にある育毛剤の中にはAGAがメインターゲットではないものもありますので、自身がどれを必要とするかはきちんと選びましょう。

育毛剤の効果では髪の毛がなくなってしまった方への治療は出来ません。

育毛剤は毛髪が改めて生えてくるようになるわけではないのです。

一方で、「生え際が気になってきたな」とか「抜け毛が増えた」などの初期の薄毛なら育毛剤でも対処が十分可能でしょう。

育毛剤以外のAGA治療には、発毛剤を服用・塗布する方法がひとつあります。

そして、もうひとつに植毛したり、栄養を頭皮に注射したりする施術の方法があります。

AGA治療その1『発毛剤』

AGA治療には5αリアクターゼを抑えることが肝心であると書きました。

育毛剤ならそれを天然成分の『オウゴンエキス』や『ノコギリヤシ』、『サンショウエキス』などが効果を期待できる成分でしょう。

一方で、5αリアクターゼは医薬品レベル、つまり発毛剤でも抑えることが出来ます。

ただし、医薬品は医師や薬剤師への相談が必要とされ、管理もやや厳しくなります。

下手に知識がないままで使うと、悪化させかねないのが『薬』というものでしょう。

「発毛剤は副作用がある」と言ってしまうのが最もシンプルなリスク評価です。

ただし、髪の毛がほぼ見当たらなくなってからの治療なら、強力な成分を含有する発毛剤に可能性があります。

AGA治療クリニックや医療機関ではじめに処方されるものとしたら、『プロペシア』という内服薬になるでしょう。

育毛剤が主に塗ったり、散布したりするものであったのに対し、プロペシアは内服薬(飲み薬)となったことで、一気に薬の印象が強くなりましたね。

ちなみにプロペシアに考えられる副作用は以下の通りです。

<プロペシアの副作用>

  • 勃起不全
  • 男性機能障害
  • 性欲減退
  • 肝機能の低下
  • 動悸、息切れ

プロペシアという発毛剤は肝臓で代謝されます。

つまり、服用を続けると肝臓に負担がかかると言えるでしょう。

実際、長期間の服用を続けた人は肝機能に障害をきたす恐れがあることが分かっています。

さらに、プロペシアはジヒドロテストステロンの抑制が目的であるため、男性ホルモンに直接作用するともいえます。

男性ホルモンは何も悪者というわけでもなく、男性機能や性欲といった精力関係の源とも言える物質です。

つまり、男性にとっては大切な男性機能にダメージを与える可能性があります。

プロペシアを服用するなら、これら副作用を考慮の上で覚悟を決めて服用する必要があるでしょう。

もちろん、医療スタッフとの相談の上に決定です。

実際のところ副作用も怖いため、一足とびにプロペシアを服用するようなのはオススメできないでしょう。

これはあくまでも発毛剤は気をつけて使わないと、副作用が恐いという話でありプロペシアだけの話ではありません。

プロペシアは発毛剤の一例として取り上げました。

基本的には初期治療・対策は育毛剤から始めることがオススメです。

プロペシアなどの発毛剤は最終手段と考えておきましょう。これは次に紹介するAGA治療『施術』でも共通の認識です。

AGA治療その2『施術』

AGA治療には発毛剤以外にも、施術する方法があります。

より物理的なアプローチを行うことになるでしょう。

例えば、髪の成長を促すための『成長因子』とされる栄養成分を頭皮や患部に直接注入・浸透させます。

発毛や育毛を促す『毛髪再生メソセラピー療法』などとして、より新しいAGA治療法として最近注目を浴び始めています。

あるいは、AGAであれば後頭部などは比較的毛髪が残っている部分です。

そこで、まだ髪の毛がある場所から毛根ごと皮膚を採取します。

それを自身の毛根のない頭皮部分に移植する植毛、特に『自毛植毛』という方法が知られているでしょう。

植毛という技法では新しいものです。

さて、これまでただの植毛、つまり人工毛を頭皮に植毛した場合は皮膚トラブルが起きるという欠点が目立ちました。

一般的にも人工毛の植毛はおすすめの方法とはなっていません。

しかし、自毛植毛を行う場合は自分の髪の毛と皮膚の細胞を移植します。

おかげで、自毛植毛を行ったときの皮膚トラブルはほぼ起きないと言われています。

皮膚トラブルが原因で脱毛や薄毛が進行する可能性があります。

かなり重要な要素と言えるはずです。

もっとも、どちらにしろクリニックや医療機関での診断を必ず受けましょう。

ちなみにクリニックを選ぶ際のコツは、自身にあったプランを提案してくれる場所です。

いわゆる、オーダーメイドと言われる各自に適した治療法を提案してくれる場所を優先してチェックしましょう。

育毛剤のメリットその1『手軽さ』

AGA治療の『発毛剤』と『施術』と比べて育毛剤は手軽に始められます。

育毛剤はどちらと言えば薄毛の予防に力を入れているでしょう。薄毛を根本から治療するのはAGA治療の分野です。

既にある髪の毛をたくましく成長させることが育毛剤の目的であり、地肌が気になり始めたり、抜け毛が増え始めたりしたあたりから使い始めることが出来ます。

さすがに、このタイミングで他のAGA治療の出番はないでしょう。

強力な分使い所が難しいのが発毛剤や施術です。

一方で育毛剤であれば、高クオリティでアレルギー物質が入っていなさそうな製品を選んでおけば、対策をほぼ問題なく始められます。

ちなみに、発毛剤や施術はクリニックや医療機関のお世話になるため、それなり以上のお金がかかります。

この点からも気軽には利用できないでしょう。

施術に至っては1回あたり100万円近い術式もあります。

育毛剤で効果があれば、できればお世話になりたくないお値段ですね。

育毛剤ならドラッグストアなどでお求めやすい価格で販売されていますし、ネット上では公式サイトなどで割り引かれて販売されているでしょう。

育毛剤のメリットその2『副作用がない』

AGA治療の『発毛剤』には強力な分、副作用のリスクがつきまといます。

それもそのはず、発毛剤は医薬成分が含まれたれっきとした医薬品です。

市販のものを購入する場合は、ドラッグストアなどの薬剤師の指導に従う必要があります。

一方で育毛剤は医薬部外品です。

厚生労働省が認めた有効成分は配合していますが、副作用を起こすようなものは配合していません。

アレルギー体質やアルコール類などで肌荒れするなどの場合は、それらの物質を避けた製品を選びましょう。

逆に体質に合ってなくてもこの程度の悪影響です。

医薬品である発毛剤の副作用ほどには致命的ではありません。

もっとも、副作用がないから適当に製品を選ぶのではなく、高クオリティな育毛剤を選ぶべきです。

イクオスやチャップアップなどの当サイトで紹介している育毛剤は要チェックです。

育毛剤のデメリットその1『効果が薄い』

医薬成分配合の発毛剤や植毛が出来る施術などの方法と比べると、育毛剤は効果が薄いと言われるでしょう。

しかし、実は効果が薄いのではなく、使うタイミングが間違っているのです。

育毛剤の役割はAGAの予防となります。

一方で、発毛剤や施術の役割はAGAの治療・復活です。

より悪化してからより効果が高い方法が用いられるのは当然のことでしょう。

育毛剤は先にも書きましたが、地肌が気になったり抜け毛が気になったりし始めた時点で使うのが適正タイミングです。

うまく効果が発揮されれば発毛剤などの出番は必要ありません。

育毛剤によるAGAの予防成功です。

実際には育毛剤の効果が薄いというよりは、薄いタイミングで使おうとするのが間違っているということでしょう。

早期決着が育毛剤の真価と言えますね。

もっとも、それは当サイトで紹介しているような高クオリティの育毛剤を使用した場合であると言えるでしょう。

例えば、イクオスやチャップアップなどは評判も上々ですよ。

育毛剤のデメリットその2『効果が出るのが遅い』

育毛剤であれ、その他のAGA治療法であれ、効果が出るのは遅いといえます。

その他のAGA治療については割愛しますが、育毛剤はあくまでも髪の成長のサポートです。

髪の成長をたくましくすれど、成長を早めるようなことはしません。

髪の成長に合わせないと効果が実感できないのです。

髪の成長は1日に0.4cm弱と言われ、数週間程度では成果は文字通り見えないでしょう。

そして髪の毛にはヘアサイクルと呼ばれる周期があります。

1本の髪の毛が成長するのにはだいたい3年から5年かかります。

そこから成長が止まる退行期が3週間程度あり、最後には髪の毛が抜ける3ヶ月間までを1周期として延々と繰り返しています。

さて、育毛剤の効果は有力なクオリティの製品ですと数ヶ月で効果が確認できるようです。

このサイトでは育毛剤の3ヶ月以上の継続した使用をオススメします。

できれば育毛剤の半年以上の継続使用をもって効果を見てほしいです。

まとめ

育毛剤はAGAの予防に活躍する製品です。

一方で、AGAが悪化した時に出番となるのが発毛剤や施術方法でしょう。

本文中では育毛剤とその他のメリット・デメリットを比較しました。

<育毛剤のメリット・デメリット>

・手軽に利用できる

・副作用がない

・効果が薄い

・効果が遅い

さて、効果が薄いということは実は的外れの意見です。

育毛剤はあくまでも予防するタイミングで用いるのが正解でしょう。

悪化してからが出番となる薬や手術は強力ですが、そもそも目的が違います。

育毛剤の活躍で予防に成功してしまえば、それ以外の方法は出番が無いともいえます。

信頼できる育毛剤で予防をはじめてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です