Amazonで買えるおすすめ育毛剤ランキングベスト4をプロが発表

「育毛剤はどんどん増えるな……。もう何が良いのか分からないです」

「通販サイトならレビューが集まっているよね」

「育毛剤をAmazonで購入する意味あるかな?」

「Amazonの売れ筋ランキングって使えないかな?」

いざ、育毛剤を選ぶときに悩んでしまう方は意外と多いでしょう。

育毛業界は勢いがあるらしく、店頭での販売とネットでの販売を合わせると、かなりの数の育毛剤が既に販売されています。

購入コストと成分の配合バランスを考慮して育毛剤を選べばいいのですが、それでも追いつかないぐらいに数が多いです。

ここでは、育毛剤を選ぶ助けとしてAmazonで購入する場合のおすすめ育毛剤を紹介します。

以下の流れに従い、Amazonの育毛剤おすすめランキングを作成します。

<育毛剤のAmazonランキングについて>
・Amazonで購入するリスクは?
・Amazonランキングは信用できる?
・おすすめランキング1位から4位
・レビューをチェックする

それで、これよりはAmazonの育毛剤ランキングについての本文を御覧ください。

Amazonで購入するリスクは?

Amazon で購入するということにリスクがあるのではないかと思う人がいませんか?

実際のところ育毛剤はそれほど安い買い物というわけではありません。

できればリスクなんて負いたくないですよね。

「安物買いの銭失いはイヤですよ、そりゃ」

「確かメーカー以外のショップや個人も参入できるから、クオリティは大丈夫かな?」

確かにAmazonには個人や製造元・販売元以外の業者も参入できます。

しかし、きちんとAmazonの出品ルールを守っているはずなのです。

ルールを守ることが出来ていなければ、排除されているはずでしょう。

その場合は「リスクは少ないのではないか」とも考えられます。

「今までAmazon で買ってきたから大丈夫だよ」

「これまでも何度も利用してきたし、不安はないんだけど」

「育毛剤だって一つの製品には変わりないでしょ」

このような意見も当然あることでしょう。

しかし、問題になるのは『育毛剤のバージョン』なのです。

育毛剤にはリニューアルする時があるのです。

成分を追加したり、新たな工夫をしたりする機会があります。

意欲的なメーカーほどその機会は多いでしょう。

しかし、新旧のモデルで入れ物が同じだった場合は、これを発送されても気づかないかもしれませんね。

普通なら『そういうこと』は起こらないと思うでしょう。

育毛剤の新旧製品はだいたいバーコードが同じです。

中身がどれだけ変わっていようとも、バーコードが同じであれば同一の製品とみなされて出品されてしまいます。

Amazonでは製品はバーコードで管理されているので、新旧の区別なく発送することが出来てしまうのです。

『この点』がAmazonで購入する最大のリスクと言えるでしょう。

大手通販サイトのお手軽さはやや軽減されてしまいますが、送られてきた商品が今現在の最新モデルであるかをチェックしなければならないでしょう。

あるいは、購入する前に商品ページに記載の情報から判断することもできるかもしれませんが、やはり自分の目で一度はきちんと確認しましょう。

このリスクだけは押さえておいて欲しかったので、一番はじめの見出しに持ってきました。

Amazonランキングは信用できるか?

Amazonでの売れ筋ランキング上位の育毛剤について、育毛剤の選択を悩んでいる人は興味がありませんか?

ランキング上位の育毛剤が本当に効果的なのかも気になります。

では、Amazonの育毛剤ランキングを見てみましょう。

そして、Amazonランキングを信用できるでしょうか?

<Amzon育毛・養毛売れ筋ランキング>
1.【第1類医薬品】リアップX5プラスローション 60mL
2.【第1類医薬品】リアップジェット 100mL
3.【第1類医薬品】リアップ 120mL
4.【第1類医薬品】リアップX5 60mL
5.【第3類医薬品】NFカロヤンガッシュ 240mL
6.【第3類医薬品】NFカロヤンガッシュ 240mL
7.【第1類医薬品】ミクロゲン・パスタ 6g
8.【第3類医薬品】カロヤン プログレEX O 120mL
9.【第1類医薬品】リアッププラス 60mL
10.【第1類医薬品】ペレウス 2.5mL

このように10位までは『医薬品』でした。

これらは育毛剤ではありませんね。これらは医薬品ですよね。なぜ、育毛・養毛剤の売れ筋ランキングに医薬品を混ぜているのでしょう?

これらは育毛を目的とする製品ではなく、主に発毛を目的する製品です。

ちなみに育毛剤の育毛はざっくりとまとめるとハゲの予防でしょう。

そして、発毛剤の発毛はハゲの治療と言えます。

100位まで見ても医薬品の登場回数が多くて、育毛剤のランキングとしては使えなさそうです。信用する・しない以前の問題でしたね。

医薬品でいいだろうとは言わないで下さい。予防と治療で育毛剤と発毛剤(医薬品)は使うタイミングが違うのです。

まだ髪の毛がある程度以上残っている段階で、発毛剤なんて使っても良いことはありません。自分の頭皮や髪の毛の状態に適したものを選ばなければならないでしょう。

つまり、Amazonを訪問しても育毛剤のランキングはあてにならないということです。

そこで、ここからは自作のおすすめ育毛剤ランキングを載せていきます。育毛剤ごとの詳しい説明までは行いません。当サイトでは育毛剤の説明に力を入れており、興味がある場合は別記事も参考にしてください。

Amazonおすすめランキング1位「チャップアップ」

配合成分が多いことが魅力の育毛剤です。

ただ、それだけと思われるかもしれませんが、正直なところチャップアップは規制されるギリギリまで配合量にこだわっている印象です。

文句無しで業界でもトップクラスの配合数でしょう。

公式サイトで購入する場合と比べても、価格は殆ど変わりません。そもそも公式ショップも出品しているのだから、当たり前でしょう。

ただし、公式サイトの定期便を利用することで、もっとも安く購入できます。気に入って長期継続した使用をするのなら、公式ショップも覗いてみて下さい。

Amazonおすすめランキング2位「BUBKA」

BUBKAは何度もリニューアルしている育毛剤です。リニューアルそのものはそこまで珍しくないのですが、これだけの回数のリニューアルはかなり珍しい育毛剤という印象を抱きます。

なんと、これまでに4回もの回数をバージョンアップしてきました。

『M-034』が有名な育毛剤ですね。

ただし、公式サイトでは初回購入時の価格がとても安くなります。少なくとも、最初は公式サイトを覗いてみることをオススメします。

Amazonおすすめランキング3位「ポリピュア」

ポリピュアのIMBシステム、バイオポリリン酸の配合などが注目の育毛剤です。

ポリピュアのIBMシステムは、成分の量と頭皮への浸透性のバランスを考えて開発されたメソッドとのことです。

いくら配合成分が優れていても、頭皮へと十分に浸透しないのでは意味がありません。

浸透力の確保は期待が持てるアプローチでしょう。

Amazonおすすめランキング4位「イクオス」

Amazonでは育毛剤イクオスの販売が確認できます。

イクオスは強力な信頼性を持っている育毛剤です。

『とある事情』がなければ、このランキングでもチャップアップと1位、2位を争っていたでしょう。

Amazonで販売されているイクオスの『とある事情』とは何か?

それは公式サイト以外ではイクオスを販売しないと明言されてしまっていることです。

では、Amazonで売られているイクオス何ものなのでしょうか?

もちろん、それも本物のイクオスだとは思います。

なんらかの形で業者や個人の手に渡ったものでしょう。

しかし、万が一の面倒なトラブルを考えると、Amazonを避けておいた方が無難ではないかと思います。

またアマゾンで購入してしまうと、アフターケアの保証や返金保証などが受けられなくなります。

公式サイトで購入することがもっとも信頼性の高い行為だと考えられます。

そういうわけでランキング順位が下がっているのでした。

後にも育毛剤はありますが、どんぐりの背比べという印象になるため、これ以上はやめておきました。

Amazonランキングとレビューに注目

Amazonを利用するときは、ランキング以外にもレビューに注目することをおすすめします。

Amazonのレビューは端的なので、なかなか参考になるレビューはありませんが、それでも育毛剤選びに失敗しないためには、多少の助けとなってくれるでしょう。

みるべきは自分の属性と同じ投稿者のレビューでしょう。

属性とは年齢や性別、髪の毛の状況などです。

自分と同じ状況の人が好評を寄せている育毛剤なら、自分にもマッチするのではないかと考えられますよね。

あるいは、50代、60代の人に好評な育毛剤は、若年性の薄毛や脱毛には聞かないかもしれないと判断できます。

壮年性(加齢による)の脱毛には効果があるだろうと推理できるでしょう。

少ない情報を拾い集めることがなりますが、自分にあった育毛剤を見つけるためです。

労は惜しまない方向で行きましょう。

育毛剤の役割を見失わない

最近の育毛剤には時折例外がありますが、育毛剤の役割は薄毛の予防や脱毛の防止です。

つまり、育毛剤は完全にハゲてたら使うことがデキないということになります。

前提条件として髪の毛が存命であることが必要です。その代わり産毛でもギリギリ可能でしょう。

それにも関わらず、育毛剤を使って効かないと結論を付ける人がいるようです。

そういう人に必要になるのはハゲの治療のための発毛剤になります。

つまり、使うべきヘアケア用品を間違っているのです。

逆に育毛剤の出番であるのに発毛剤(医薬品)に手をのばすのは、やはり意味がないと言えるでしょう。

現在の自分の頭部の状態にあわせたヘアケア用品を使うことが必要です。

髪の毛が残っている間に、できるだけ早いタイミングで、育毛剤を使い薄毛の予防を始めるべきでしょう。

まとめ

育毛剤のAmazonおすすめランキングを紹介しました。

2017年10月にリサーチした情報であるため、このサイトやAmazon閲覧タイミングによっては情報に齟齬が発生するかもしれません。

その際には申し訳ありませんが、ご了承をお願いします。

<Amazonおすすめ育毛剤ランキング>
1.チャップアップ
2.BUBKA
3.ポリピュア
4.イクオス

おすすめランキングの上位が自分に合っている育毛剤というわけではありません。実際に使用して試してみるまでは油断しないようにして下さい。

育毛剤を選択する方法として、自分に近い属性をもつ利用者が好評のレビューを投稿している育毛剤もオススメとなるでしょう。

育毛剤の公式サイトの方が、条件が多いことも多い印象です。一度は公式サイトに訪れてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です