DEEPER3Dの特徴と口コミを育毛剤研究家がガチ評価

「薄毛が怖い……。早めのヘアケア・スカルプケアを勧められたけど」

「脱毛症って進行を止められるの? どうやって?」

「やっぱり、育毛剤を使えばいいのかな?」

「あれ、育毛剤って結構種類があって迷うな。DEEPER3Dってどうだろう?」

ヘアケア・スカルプケアの強い味方『DEEPER3D』をオススメ育毛剤のひとつとして、詳細や効能をまとめます。

本文中では以下の流れに従ってDEEPER3Dを説明していきます。

<DEEPER3Dの特徴と口コミ>
・DEEPER3Dの特徴と詳細
・DEEPER3Dの効果
・販売価格の比較
・口コミとレビュー

それでは育毛剤・DEEPER3Dについて本文をどうぞご覧ください。参考にしていただければ嬉しいです。

DEEPER3Dの特徴と詳細

DEEPER3Dはキャピキシルやリデンシルに着目して制作された育毛剤です。

これまでの経緯として、2017年5月下旬にリニューアルしています。

ここで1点わかることがありますね。

この育毛剤はまだ開発が盛んに行われているということ、メーカーが新製品の開発に意欲的であるということがわかるでしょう。

これは育毛剤の利用者としては、ありがたい傾向であるといえます。

なぜならバージョンアップを伴わない育毛剤はあまり信用ならないからです。

実際のところ、育毛業界のトレンドは移り変わりが激しいです。

全ての古い知識や技術を捨てて新しいものへ、ということを歓迎するわけではありませんが、より良い製品を追求してもらった方がありがたいのが事実でしょう。

その点この育毛剤はリニューアルにも意欲的だったので、ひとつの信用要素になるのではないかと考えられます。

しかし、ここでひとつキチンと向き合わなければならない事実があります。

『DEEPER3Dは育毛剤ではない』ということです。

公式サイトでは記載が見つからなかったのですが、(あるいは小さく書いてあったのかもしれませんが)法律的にこの育毛剤は厚生労働省に認められる育毛剤ではありません。

違法販売であるというわけではありません。

DEEPER3Dは製品としての販売要件を満たしています。

そうではなくて、厚生労働省に認められる育毛剤というのは、医薬部外品であり、つまりは薬用ヘアケア製品ということになります。

薬用というのは何も医薬成分が入っているというわけではなく、育毛に対して有効だと認められる成分が入っているということです。

これは厚生労働省に認められた成分が入っていると言い換えても良いでしょう。

この育毛剤の正体は何かと言えば、法律的にはDEEPER3Dは化粧品です。

DEEPER3Dは育毛剤ではなく化粧品であることが真実です。

別にやましいことがあるわけでもないので、公式サイトではこのことを書いてくれたほうが堂々としているな、と思うのですが……。

否定的に書きたいわけではなくて、誤解する人もいるでしょうからキチンと断っておいて欲しいのです。

なにしろ、これ(実は化粧品でした問題)は法律の問題なので仕方がありません。

このDEEPER3Dが注目しているキャピキシルが、厚生労働省に効果がありますよと認められていないことが原因ですね。

つまり、DEEPER3Dは医薬部外品への申請が受け付けられませんでした。

「化粧品ならいいや。ほかの育毛剤にしようかな」

「騙された! ふざけるな!!」

「もっと安くしろよ!!」

「育毛剤ではないのね。でもメリットがあるのかな?」

DEEPER3Dのこの流れは仕方がないところがあるのです。

キャピキシルが新しめの成分であるためです。

いずれは認可されると思いますが、今は議論が進んでいない(あるいはデータが足りない)のです。

厚生労働省のスタンスが安全を重視する以上は、新規の成分はまだ認可できないということでしょう。

しかし、より新しい成分を求める姿勢は間違っていないはずです。

カテゴリが化粧品であったとしても、いずれ育毛剤と認められるだけの力を持っている可能性があります。

DEEPER3Dはトレンドにより沿った製品であると言えるでしょう。

カテゴリが化粧品だからといって、軽視すると損をするかもしれませんね。

混乱を避けるために、DEEPER3Dを化粧品ですが、以降も育毛剤として表記していきます。

DEEPER3Dについて詳しく取り上げる前に、育毛剤自体の目的を簡単に説明しておくべきでしょう。

育毛剤の役割は薄毛の予防や脱毛の防止です。

そのために既に存在する髪の毛の成長をサポートしたり、ホルモンなどの脱毛因子を抑制したり、頭皮の環境を改善するために消炎・栄養補充したりします。

極論するとハゲることの予防です。つまり、ハゲてからではあまり意味がないでしょう。

しかし、産毛でも残っていれば可能性があります。

ちなみにハゲた後に新たに髪の毛を生やすのは発毛剤の役割になります。

<育毛剤の一般的な働き・役割>

・髪の毛の育毛・成長のために、新陳代謝を活性化させる
・保湿をして頭皮の乾燥を防ぎ、頭皮環境を改善する
・髪の毛の健やかな成長のため、頭皮の血行を改善する
・消炎・殺菌することで、頭皮の炎症や雑菌の繁殖を防ぎ、抜け毛を防止する
・AGA・男性型脱毛症を改善するため、脱毛ホルモンの活動を抑制する

一方で、DEEPER3Dの特徴や工夫の中で目立つものと言えば、以下のポイントでしょう。

<DEEPER3Dの特徴・工夫>

・キャピキシル5%配合
・リデンシル5%配合
・8種類の成長因子
・FGF-7配合
・モンゴロイド3大伝承成分
・保湿・保護成分を追加(リニューアル後)

これらDEEPER3Dの特徴や工夫によって見込める効果は、下の見出し『DEEPER3Dの効果』で説明していきます。

さて、DEEPER3Dの利用を考える場合に気になるのは、効果だけでなく副作用もではないでしょうか。この点、DEEPER3Dは副作用がないと考えることができるでしょうか?

医薬部外品ではないDEEPER3Dは、成分の配合量に規制を受けていないことが逆にネックになるのです。

もっとも、実際には心配のしすぎのようで、重篤な副作用の報告はありません。

既にある程度売れている育毛剤ですから、何かしらの異常があれば報告されているはずでしょう。

本来副作用のリスクを背負う医薬品も含まれていないため、副作用のリスクは低いと言えるでしょう。

さて、安くて低クオリティの育毛剤には、ケミカルな成分が多めに含まれています。

正直なところ常用するには使いにくいです。一方で、DEEPER3Dは高クオリティな育毛剤と言え、肌に優しいでしょう。

また、DEEPER3Dは男女兼用となっていることと、医薬成分が入っていないことから、妊娠中でも使えるはずです。

しかし、最も慎重になるべき時期ですから、なにか心配があるのでしたら、迷わず使用を見送ったほうが良いでしょう。

DEEPER3Dは副作用こそないでしょうが、敏感肌であったり、アレルギーもちであったりはフォローできません。

自覚症状がある人は、使用前には注意するようにしましょう。

DEEPER3Dの効果

いよいよ、DEEPER3Dの効果を見ていきます。

自信がなければ、厚生労働省が認めている成分以外の成分を配合なんか出来ませんね。

つまり、DEEPER3Dは配合成分に自信があるはずです。

以下に成分とその効果を見ていきましょう。

<DEEPER3Dの特徴・工夫>

・キャピキシル5%配合
・リデンシル5%配合
・8種類の成長因子
・FGF-7配合
・モンゴロイド3大伝承成分
・保湿・保護成分を追加(リニューアル後)

【キャピキシル5%配合】

イソフラボンを豊富に含むという「アカツメクサ」と4つのアミノ酸で構成される「アセチルテトラペプチド-3」の合成成分です。

あの『キャピキシル』を配合と公式サイトに書く割には、働きが少しも書いていないので困りました。

カテゴリとしては化粧品であるDEEPER3Dは効果を強く打ち出せないんですよね。

そのため、説明不足になりがちです。

ホルモンバランスの調整に働く成分となるでしょう。

やや違うのですが、イソフラボンと女性ホルモンの関係は有名ですね。

イソフラボンが女性ホルモンに良く似ている事が知られています。

つまり、イソフラボンを吸収すると、女性ホルモンが優位になりやすいということです。

脱毛に働く男性ホルモンが薄毛の原因のひとつです。

この時に働く5αリダクターゼの活動を抑えることができるでしょう。

また、人工的なアミノ酸分子であるアセチルテトラペプチド-3は強力な細胞修復の能力があると言われています。

頭皮の環境維持には重要な働きをしそうですね。

頭皮は髪の毛の土台なので、この成分は成長のサポートにつながるでしょう。

キャピキシルはリアップなどに含まれるミノキシジルという医療成分の3倍働くと書かれている時があります。

これは気に留めなくても良いでしょう。

薄毛や脱毛の原因はたくさんあります。

対策方法(配合成分)はいくつも用意するべきです。

どれがその人に特に効くか分からないのに、他と比べる必要が薄いです。

どの成分でも育毛剤は効けばOKでしょう。

【リデンシル5%配合】

リデンシルはスイス生まれの新たなる成分ですね。

<リデンシルに含まれる成分>

・セイヨウアカマツ球果エキス
・チャ葉エキス
・グリシン
・ピロ亜硫酸Na
・塩化亜鉛

さすがに発表されてからまだ間もない成分だけ合って、働き方が複雑でした。

今回は本筋でもないので、割愛させていただきます。

簡単に言うと、効果としては「毛髪の成長の促進」と「脱毛の減少・防止」が見込まれます。

リデンシルとキャピキシルは併用することで、より効果を期待できるのではないかと発表されていました。

【8種類の成長因子】

DEEPER3Dには8種類の成長因子が配合されています。

成長因子は人や動物に存在するタンパク質であり、20才ごろをピークにし、以降は減少してしまう物質です。

増幅細胞に直接働きかけ、育毛効果に寄与します。

<DEEPER3Dの成長因子>

・ヒトオリゴペプチド‐5
・合成遺伝子組換えポリペプチド-31
・プラセンタエキス
・オクタペプチド-2
・アセチルデカペプチド-3
・ヒトオリゴペプチド-13
・加水分解アナツバメ巣エキス
・水溶性プロテオグリカン

【FGF-7配合】

FGF7とは毛母細胞をつくるオーダーを出すものです。 育毛効果に寄与しています。

DEEPER3DのFGF-7 が大量に配合されました。

【モンゴロイド3大伝承成分】

モンゴロイド3大伝承成分は髪に良い影響を与えると見込まれる成分です。

モンゴル人は薄毛になりにくいという研究から出発しているようです。

<モンゴロイド3大伝承成分>

・イラクサ
・ユッカ
・シーバックソーン

【保湿・保護成分を追加】

2017年5月リニューアル時に追加された成分です。保湿は育毛の土台となる頭皮の環境維持に大切でしょう。

<保湿・保護成分>

・ガウクルアエキス
・キダチアロエ葉エキス
・センブリエキス
・ユキノシタエキス

これら成分が頭皮によく浸透するのが、DEEPER3Dの育毛剤としての本質でしょう。

DEEPER3D販売価格の比較

DEEPER3Dはドラッグストアや薬局など店頭での販売は確認できませんでした。

公式サイトを始めとしたネット上で専売となっている育毛剤です。

また、大手通販サイトのAmazonや楽天市場でも出品が確認できます。

大手通販サイトと公式サイト、いったいどこで購入するのが、DEEPER3D購入にあたってオトクなのでしょうか?

購入先の選択肢を比較する際のポイントはふたつです。

コストパフォーマンスとお試し利用の有無が重要になります。

育毛剤は一定期間使ったら効果が出て、使用終わりというわけではありません。

育毛剤は予防を担うのですから、結局ずっと継続した使用が求められます。できる限り、コストは抑えなければなりません。

また、育毛剤は個人との相性まではフォローできません。

どうしても体質に合わない人も一定数いるのです。

相性を確認するチャンスは合ったほうが嬉しいでしょう。

さて、まずはDEEPER3Dの定価を確認します。

DEEPER3Dの定価は14,850円です。

公式サイトではこの値段が14,100円で販売されています。

あまり大きな変動はありませんね。

これは、少し残念でしょう。

一方で大手通販サイトはどうかと言えば、ほぼ変わらないと言えるでしょう。

細かい値段はズレがあるかもしれませんが、どこも販売価格は同じでした。

しかし、公式サイトにはミニボトルも一緒に付属してきます。

これを利用してお試し使用ができます。このボトルのみ使用で、合わないと判断したら返金してもらうことが出来るのです。

本体を開封していない場合に限ります。

正直なところ、このミニボトルと返金保証は良いシステムです。

ほかの育毛剤も真似してくれたら、試しやすくなるのですが……。

さて、お試しの機会が保証される公式サイトから購入するのが良いでしょう。

会員登録して購入すると、購入ごとにポイントが付くので、長く購入する人はオトクと言えます。

さらにセット販売は15%から30%OFF(ただし3本あるいは6本同時購入)や2回目以降10%オトクになる定期購入などの制度もあります。

腰を据えて長期継続するつもりなら、公式サイトがコストパフォーマンスも優れているといえるようです。

最後にこの見出しにおける注意点を書いておきましょう。

この記事で記載している金額は2017年10月にリサーチした数字を用いています。

この記事を閲覧するタイミングや、販売メーカーの値段見直しによっては、数字にズレが生じる可能性があります。

申し訳ありませんが、その際には各個人で対処いただけるようお願い致します。

DEEPER3Dの口コミとレビュー

ここまではDEEPER3Dの詳細や特徴、効果・効能を紹介してきました。

そろそろ実際に利用している人の意見を取り上げていきましょう。

ここではDEEPER3Dの口コミやレビューの要点をまとめていきます。

どんな意見があっても、DEEPER3Dは万人に対する効果を保証していません。

あくまでもDEEPER3Dを利用している個人の意見です。

頭から信じ込まずに、購入の際に参考とする程度に留めてください。

<DEEPER3Dの口コミとレビュー>

【今までの育毛剤はなんだったの!?】

【もう、帽子を被らなくても外出できます】

【髪の毛にハリが戻ってきました】

【ノズルが使いにくいかと思ったけど、そんなことなく使いやすかった】

【もう少し安いと嬉しいけど……】

【強風がもう怖くない。友達と出かける機会が増えた】

【オシャレをする楽しみを取り戻しました】

【継続することが面倒と思っていたが、これだけ効くのなら文句ないです】

【人目が気にならなくなりました】

【周囲の人の視線が気にならなくなりました】

12ヶ月使用を継続した人のうち、使用前と使用後を比べて心境の変化があった人は8割を超えているようです。

どうやらDEEPER3Dを使用した結果、今が充実している人が多いようです。薄毛の予防はスピード勝負の面があります。

悩むくらいなら使ってみるのもいいかもしれませんね。

DEEPER3Dの総評

DEEPER3Dの育毛剤としての評価は新しい世代の育毛剤であり、キャピキシルとリデンシルの相乗効果を狙っている育毛剤でもあります。

現在は育毛剤に認められていない成分を中心に配合してあります。

もしかしたら次世代のスタンダードになるかもしれません。

現状は化粧品のカテゴリですが、その分緩い規制のもとに開発メーカーが意欲的に配合成分を選んでいる印象です。

キャピキシルとリデンシルの相乗効果自体は、これからデータを蓄積させるものですが、レビューその他の感想の印象は良いものでした。

DEEPER3Dは店頭の販売はなく、ネット専売であり、トータルでは公式サイトからの購入が最もオトクです。

セット販売や定期コースは継続使用する場合には、コスト面でオトクな方法と言えます。

また、お試し用のミニボトルがあるので、自身に合っているのかを確認する機会が設けられています。

結論としては、DEEPER3Dは試してみる価値が、確かに存在する育毛剤と言えるでしょう。

自分と相性のいい育毛剤を探す過程で選択肢に入れて下さい。

まとめ

DEEPER3Dはより新しい工夫が目立つ育毛剤というイメージです。

この育毛剤の特徴は以下の通りでした。

<DEEPER3Dの特徴・工夫>
・キャピキシル5%配合
・リデンシル5%配合
・8種類の成長因子
・FGF-7配合
・モンゴロイド3大伝承成分
・保湿・保護成分を追加(リニューアル後)

まだ業界的には新しい成分であるキャピキシルとリデンシルで、相乗効果を狙っている育毛剤となるでしょう。

どうしても育毛剤と使用者の間には相性というものが存在します。

そのため、結局のところは自身で試してみなければなりません。

しかし、DEEPER3Dは試してみる価値は十分にあるでしょう。

DEEPER3Dは公式サイトから購入するのが、トータルで最もオトクとなるでしょう。

長期コスト面・初回お試し・返金保証と、DEEPER3Dは公式サイトから購入するのがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です