マツキヨやドラッグストア・薬局で選ぶおすすめ育毛剤ランキングベスト4+α

「いやだなー、薄毛が怖いよ……。はじまる前に予防しなきゃ」

「男性ならハゲる可能性がどうしても高いよね……」

「育毛剤でヘアケアをはじめようかな」

「あれ、育毛剤はネット専売も多いのか」

「マツキヨやドラッグストア、薬局の育毛剤ってダメなの?」

現在の日本における育毛剤の販売状況を調べると、上のように思う方もいますよね?

薬局などで買える育毛剤の有効性については、数は多い割にネット上では触れられない印象です。

そこで、この記事では以下のポイントに沿いながら、薬局の店頭で買える育毛剤について説明していきます。

<店頭で買える育毛剤について>
・育毛剤の役割(おさらい)
・育毛剤の効果(おさらい)
・それぞれの育毛剤を比較
・店頭で買える育毛剤のランキング
・それぞれの育毛剤のリスク

では、市販の育毛剤について本文をご覧ください。

育毛剤の役割

この見出し『育毛剤の役割』を知っている人は、読み飛ばしてくださっても結構です。

育毛剤の役割について復習となります。

育毛剤は薄毛の予防や脱毛の対策が主目的です。

そのために、強く健康な髪の毛の成長をサポートしたり、特定のホルモンなどの脱毛因子を抑制したり、頭皮の環境を改善・維持したりします。

このことからも分かるように、育毛剤はあくまでも予防のために使用するものであり、それ以上は望んではいけません。

つまり、薄毛が進行し、頭皮の状況が悪化しきってしまった状態の治療までは望んではいけません。

悪化しきってしまった脱毛症や薄毛は、クリニックや医療機関のお世話になる必要があります。

この点においては、治療が必要と言うこともあり、個人の努力では難しいこともあるでしょう。

そこまで薄毛や脱毛状態を悪化させないように、ひいては、医療機関やクリニックのお世話にならないようにするのが育毛剤の役割とも言えるでしょう。

育毛剤は手洗い・うがいに当たるものです。

風邪が嫌だからと、風邪になる前から風邪薬は飲んだりしませんよね。

悪影響までありそうです。

そして、風邪も引かず、苦しまずに手洗い・うがいで済むのなら御の字でしょう。

「育毛剤で髪が生えてこない!」

「やっぱり育毛剤には効果がない!!」

このように言う人もいますが、そもそも有効なタイミングを過ぎています。

髪を根本から生やす必要がある場合は治療が必要です。

こうならないために育毛剤を早くから使い、ヘアケアをする必要があります。

やや繰り返しになりますが、髪の毛がまだそれなりにある間に、せめて産毛が残っている間に、頭皮の環境を改善したり、脱毛を抑えたり、炎症を抑えたりして薄毛の予防をするのが育毛剤の目的です。

具体的には以下の機会に育毛剤を検討するのがおすすめタイミングです。

<育毛剤の使用開始タイミング>

・抜け毛が気になり始めた時
・同年代がハゲてきたな、と思った時
・脱毛しているけど、まだ産毛が残っている時
・鏡を見て生え際に違和感を覚えた時

早めにヘアケアを進めるほどに、育毛剤による予防効果も強く期待できるのが常識です。

「薄毛の進行は止まっているけど……。それ以上の実感がないね」

「毎月購入しているけど、コストばかりかかる気がする」

「根本からの解決ってないのかな?」

実際に早期から使い始めると上記のように思うかもしれません。

予防は継続しなければいけないのが辛いところだというのはよくわかりますね。

しかし、やめてしまうとまず間違いなく後悔するのが、今までの育毛剤利用者の定番です。

忍耐強く薄毛予防に取り組みましょう。

育毛剤自体も最近はベタつかなく、ニオイもなく、使いやすくなっています。

さて、これまで脱毛は遺伝的要因が強いと言われてきました。

しかし、最近の研究では薄毛や脱毛症は遺伝的な話だけではないと解明されてきました。

実際の原因としてはストレスや生活習慣の乱れ、栄養の方よりなども考えられ、つまり現代人の誰にでも起きる可能性があるのが最新の見解でしょう。

誰にでも起き得る以上は、ヘアケアの重要性は決して低くありません。

気を抜くと薄毛や・脱毛が一気に悪化しかねません。気づいたときには、育毛剤で対策をはじめましょう。

育毛剤の効果

育毛剤の効果について、より詳細に見ていきます。

育毛剤はどのように薄毛や脱毛の予防や対策をするのでしょうか?

育毛剤の効果は以下の通りとなります。

<育毛剤の効果>

・新陳代謝を活性化させる(育毛を促進する)
・頭皮の乾燥を防ぐ(保湿を通して頭皮環境を改善する)
・血行改善をする(髪の成長をサポートする)
・頭皮の炎症や雑菌の繁殖を防ぐ(消炎することで抜け毛を防ぐ)
・脱毛ホルモンの活動を抑制する(AGA・男性型脱毛症を改善する)

実際のところ、最後の脱毛ホルモンの抑制は、該当しない育毛剤も多いです。

AGA対策なので、行っているネット専売の育毛剤はありますが、店頭販売の育毛剤では珍しい印象でしょう。

ほかの効果についてはいくつか、あるいは複数個から全部を持っている育毛剤がほとんどです。

薄毛や脱毛の原因はいくつもあるので、効果や効能は網羅的にカバーしている育毛剤が優先順位も高いでしょう。

育毛に働く成分例を載せておきます。

しかし、各メーカーが独自の研究も行っているので、独自の工夫・配合をしています。

あくまでも一例として参考にしてくだい。

<育毛剤の頻出成分>

  • センブリエキス
  • グリチルリチン酸2K
  • ジフェンヒドラミンHCL
  • ニンジンエキス
  • オウゴンエキス
  • ダイズエキス
  • ビワ葉エキス
  • クララエキス
  • ヒオウギ抽出液
  • クジン抽出液
  • 酢酸dl-αトコフェノール
  • 果実エキス
  • チンピエキス
  • マロニエエキス

キリがないので一旦、この辺にしておきます。

それぞれの成分で違う作用をもたらします。

原因がいくつもある以上は、対策もいくつも合ったほうが安心です。

成分についてはいくつもの成分から、効果・効能を網羅的にカバーしているものが優先順位は高いです。

一方で、自身の薄毛の原因が分かっている場合は、特化している育毛剤もオススメでしょう。

さて、このように効果を見れば、よりわかりやすいですが、育毛剤は現在頭皮に既に生えている髪の毛を成長させることが効果・効能です。

残念ながら髪の毛を新たに発毛させることは不可能となっています。

これ自体は治療の領域、発毛剤や手術の出番です。

あくまでも今現在生えている髪の毛とその土台となる頭皮へのサポートが主となります。

幸いなことに産毛さえ生えていれば可能性はあるとも言えるようです。

完全に抜けきっていない状況なら育毛剤の働きに期待して見ても良いでしょう。

店頭販売の育毛剤とネット専売の育毛剤

店頭で売られている育毛剤も確かに多いですが、このサイトでおススメしているような育毛剤はネット専売が多くを占めます。

また、店頭で販売されている育毛剤の多くは、大手メーカーのものであることが分かるでしょう。

ドラッグストアや薬局の店頭で、育毛剤をひとつ手に取ってみると分かりますが、市販の育毛剤はネットで売っている育毛剤よりも安い印象です。

「じゃあ、店頭で育毛剤を買おう」

「顔が見えないネットよりも店頭が安全だよね」

さて、安易にこのようなことは考えないほうが良いですよ。

店頭とネットとどちらが良いかはともかく、どちらが良い製品が多いかというとネットであるでしょう。

そう、ネット専売の育毛剤には高いなりの理由と効果があるのです。

加えて、店頭販売の育毛剤は以下の要素から安く出来ているというのが真相です。

<店頭販売の育毛剤が安いワケ>

  • コストをかけない(育毛成分が少ない)
  • 最新の工夫は取り入れない
  • 新しいメソッドを開発しない
  • コストが高い高度な技術は使わない
  • 大量生産で原価を抑える

店頭販売しているすべての育毛剤がそうだとは言いませんが、残念ながら該当する育毛剤もあります。

今回の記事で紹介している育毛剤は安心なので、参考にしてくださいね。

他の要素は選ばなければ良いとして、最後の大量生産で減価を抑えるのは大手の強みですね。

販売戦略としてのCM・広告費を価格に反映しても低価格に抑えられるほどに、コストダウンしていることになりますよ。

育毛剤の効果で勝負しているメーカーは、配合している成分数も多く、新規の開発を進めており開発費も高くついてしまいます。

実際、ネット専売の育毛剤の中には頻繁にバージョンアップを行うものもあります。

在庫の問題や資金繰りの問題から、ネット専売の育毛剤メーカーは生産数を抑えており、大手メーカーの大量生産には敵いません。

「安っぽい作りなら、店頭販売の育毛剤は意味が無いのかな」

「じゃあ、ネットの育毛剤にしようか」

「店頭の育毛剤には全く効果がないのかな?」

「いや、当たりが混ざっているんじゃないか?」

はい、ずばり店頭販売の育毛剤の中にもいわゆる当たり、効果が期待できる育毛剤が混ざっています。

この記事ではしっかりとしたリサーチのもと、ドラッグストアや薬局で購入できる育毛剤の中でも期待できる育毛剤をランキング形式でピックアップしました。

店頭販売の育毛剤は効果が高いものを選ぶことさえできれば、お手軽で使いやすい育毛剤として、心強い味方になってくれるでしょう。

オススメですが育毛剤ではない「リアップx5プラス」

リアップは大正製薬から発売されている育毛剤です。

いえ、正確には発毛剤と言うべきでしょう。

リアップにはミノキシジルという医薬成分が配合されています。

この製品の出番は育毛剤では、もう薄毛の進行や脱毛に立ち向かえないとなった時、つまり治療のステップに入ったときです。

予防の段階では用いてはならない、最終手段のひとつです。

店頭で販売されているヘアケア用品の中で、ある意味ではもっとも有名なもののひとつでしょう。

CMが有名ですよね。

さて、特徴的な配合成分であるミノキシジル(Minoxidil)は血管拡張の薬として開発された成分でした。歴史的に見てもそのものずばりな医薬成分ですね。

しかし、ミノキシジルに発毛効果があると見出されます。

発毛の成分に世界的に利用されるようになりましたが、日本ではリアップが採用するのみです。

取扱に自信がないと配合できないという側面があるのでしょう。

リアップのヘアケアへのアプローチを以下に示します。

<リアップの発毛・育毛へのアプローチ>

  • 発毛、育毛及び脱毛の進行を予防
  • 皮脂の過剰分泌を抑制(過酸化物質やフケの発生原因)
  • 皮脂の酸化を防ぐ(頭皮を保護する)
  • 頭皮のかゆみを抑える(さらに、清涼感を与える)

リアップは第一種医薬品に指定されていいます。

これを踏まえて注意点を書きます。

<リアップの注意点>

  • 副作用のリスクがある
  • 医師・薬剤師との相談が必要
  • 壮年性脱毛症が対象

リアップには医薬品として副作用の懸念があります。

ネットでも購入できますが、初回購入時は薬局の薬剤師と話をして購入するほうが安心でしょう。

利用開始まで手間がかかることが難点でしょう。

店頭販売のヘアケア用品の中では比較的に高い価格設定をしています。

医薬成分が入っていれば、当然という気もしますね。

気軽に購入できませんが、それくらいが扱いとしてちょうど良いでしょう。

医薬成分であるミノキシジル配合で自然とリアップへの期待感も大きくなりますが、使用対象であるかどうかはチェックしてください。

壮年性脱毛症の方が対象です。

他の要因で脱毛が進んでいる方は利用できません。

一方で、ネットで販売されている育毛剤には、ミノキシジルと同様の効果があるといわれる成分を含んだ製品もあります。

興味があれば当サイトの別記事も参考にしていただけると幸いです。

おすすめ度NO.1「スカルプDスカルプジェット」

この製品は育毛トニックですね。

シャンプーですが、髪を洗うにとどまらず、頭皮を洗い、さらに頭皮を変えるのが目的です。

以下の成分を中心に配合しており、バランスが良い製品と言えるでしょう。

  • 酢酸DL-α-トコフェノール
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • タマサキツヅラフジアルカロイド

特に頭皮の環境に着目しているようで、シャンプーにプラスしてあるので継続して使用していけるのも特徴です。

頭皮は髪の毛が根付く土台です。

この土台がなければ、髪の毛は健やかに成長しません。

育毛剤の入門としてオススメでしょう。

おすすめ度NO.2「薬用アデノゲン」

育毛剤である薬用アデノゲンは資生堂の製品です。

もちろん、薬局やドラッグストアで購入できます。

この製品は300mlで5千円から1万円近くの費用がかかります。

価格が高いですが、サイズは最も大きいものを参考にしたので、もっとコストパフォーマンスが良い可能性はあります。

薬用アデノゲンにはアデノシンという成分が含まれています。

サプリに詳しい人はよく聞く名前でしょう。体内に存在する成分ですね。

アデノシンは血行の促進をはじめ、育毛の促進に関係すると考えられています。

薬用アデノゲンは効果が期待できる育毛剤でしょう。

おすすめ度NO.3「モウガ」

モウガはバスクリン社から発売されている育毛剤です。

西洋科学よりも東洋化学よりなのが珍しい成分の配合が特徴です。

実際のところ、モウガの成分は生薬を中心としています。

  • ショウキョウエキス
  • センブリエキス
  • 人参抽出エキス
  • ボタンビエキス

上記の配合されている4つの生薬は、血行促進や細胞増殖の作用があると考えられます。

低価格の育毛剤にありがちな香料なども使わず、モウガは体に優しい育毛剤とも言えるでしょう。

おすすめ度NO.4「サクセスバイタルチャージ」

サクセスバイタルチャージは花王が販売している育毛剤です。

大手メーカーである花王の製品であるので、最低限の品質は安心できると考えられます。

サクセスバイタルチャージには、基本を押さえた配合成分が確認できるでしょう。

育毛剤入門としてもおススメですね。

  • センブリエキス
  • β-グリチルリチン酸
  • t-フラバノン
  • ニコチン酸アミド

育毛剤のリスク

配合している成分から考えると、育毛剤は基本的に副作用がないはずです。

ただし、個人的なアレルギーや肌の弱さまでは考慮しているわけではありません。

該当する人は育毛剤を最初使う時は注意しましょう。

また、今回紹介しているリアップは副作用のリスクがあります。

リアップ(正確にはリアップシリーズ)は副作用の報告が実際にあります。

店頭の育毛剤とネットの育毛剤を比べるとどうでしょうか?

実はわずかに店頭の育毛剤はリスクが増加します。

安い育毛剤には刺激臭を伴うものがあります。

これはだいたいアルコールのせいなのですが、肌が弱い人は使いにくいでしょう。

これは副作用ではありませんが、利用上のリスクには違いありません。

今回紹介している育毛剤はある程度以上の安全性が見込まれます。

不安であれば、ぜひ参考にしてください。

まとめ

薬局やマツキヨ、ドラッグストアで販売されている育毛剤についてまとめました。

ネットの育毛剤のほうが効果は高そうですが、店頭で販売されている育毛剤にも期待値が高い育毛剤があります。

店頭販売の育毛剤ランキング配下の通りです。

<店頭販売の育毛剤ランキング>
・スカルプD スカルプジェット
・薬用アデノゲン
・モウガ
・サクセスバイタルチャージ

さらに、上の育毛剤の他にも発毛剤としてリアップを紹介しました。

店頭で販売されている育毛剤はヘアケア入門として使うのがオススメでしょう。

基本は問題なく押さえていました。

しかし、成分数はネット販売の育毛剤よりは少ない印象です。

物足りなければ、乗り換えも検討しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です