育毛剤の副作用やリスクは超危険!?男性・女性別7つの副作用とリスク

「今からでも薄毛対策がしたい!」

「育毛剤の副作用やリスクってキツイのかな?」

薄毛対策といえば育毛剤がすぐに連想される人も多いですよね。

けれど、少し調べて不安になる人もいます。

それは育毛剤の副作用やリスクが怖いからでしょう。

副作用とリスクについてしっかり学べば、育毛剤は薄毛対策の強い味方になります。

本文中では、以下の観点から育毛剤の副作用と有意性についてまとめました。

<育毛剤7つの副作用と有意性>

・育毛剤の効果について

・7つの副作用について

・育毛剤を知る必要性

・副作用を超える有意性

皆さんの不安を取り除くため、できる限りリスクをリストアップしました。それでは、本文をご覧ください。

<育毛剤の効果>についておさらい

『育毛剤』とは頭皮の抜け毛を予防し,同時に発毛を促すために用いられる製品を指します。

よく言われる効果としては、ふけ・かゆみを抑えるとともに、頭皮の血行をよくし、毛根に活力を与えることでしょう。

結果として養毛促進に効果があると言えます。

このときの有効成分としてはビタミン類、生薬などが配合されていることが多いでしょう。

これらの育毛剤の効果について、なんとなく「効果が怪しい」、「改善までは届かなそう」と思う人はいますよね。

ある意味では正しいイメージとも言えるでしょう。

実のところ、これ自体は市販で買える育毛剤の効果がメインであり、医師からの処方箋や薬剤師に相談の上で購入可能となる『発毛剤』はさらに強力な効果をもっています。

髪の毛は『毛乳頭細胞』が細胞分裂することで作られますが、発毛剤は血行促進などにより分裂を促進します。

同時に増殖のペースを上げる因子の生産量も上げると言われます。

また、発毛剤によっては脱毛の原因になる男性ホルモンの生産を抑えるものもあります。

発毛剤は医薬品に該当するので、効果については専門家から説明してもらわなければなりません。

ここでは、効果については障りにとどめておきます。

育毛剤と発毛剤、医薬品などという単語が出てきました。

これについては、次の見出しである『製品グレードごとのリスク』で詳しく見ていきましょう。

製品グレードごとのリスク

皆さんがイメージする育毛剤には実はグレードが存在しています。

それどころか、呼び名も本来は違うのですが、この記事では特別の理由がない限りは、ひとまとめで育毛剤としています。

以下が各グレードの育毛剤の説明です。

<第一類医薬品>

製品の分類では『発毛剤』となり、医薬品であるため処方箋や医師・薬剤師への相談が必要です。

ただし、近年では正規の手続きを踏めば、ネット販売でも購入できるようになりました。

名前の通り『薬』であり、使用時は副作用のリスクがあります。

薄毛の症状を改善することが目的であり、個人で手に入る手段では最も強力な薄毛対策手段でしょう。

本文中で紹介する育毛剤の副作用とリスクは、主にこれを使用した時の副作用を取り上げます。

<医薬部外品>

いわゆる『育毛剤』と呼ばれる製品が該当します。

抜け毛の防止や育毛が目的となり、副作用があっても弱いと予想されます。

配合成分などは国が定めているため、基本的には安全に手軽に扱える製品でしょう。

<化粧品>

『養毛剤』とも呼ばれ、配合成分は頭皮や頭髪を清潔に保つものが主となっています。

薄毛対策に効果はほぼありません。

一方で、清潔に健やかに保つため、発毛する環境を良くする効果があります。

体質によるアレルギー反応や肌荒れ、湿疹以外の副作用はみられません。

肌につけて使用する以上は、肌に合わなければ荒れる程度はします。

さて、この育毛剤のグレードのうち、一番気を付けなければいけないものはわかるでしょうか?

まぁ、実際のところは簡単ですよね。

最も副作用やリスクに気を付けなければならないのは、第一類医薬品に分類される製品、つまり発毛剤となります。

もし、このカテゴリの製品に手を伸ばすのなら、次の見出しで説明する副作用を体験するかもしれないことは、念頭に置いておきましょう。

副作用1<肌荒れ・湿疹>

主に頭皮に塗るタイプの育毛剤には、副作用として肌荒れや湿疹、かゆみは確認できることがあります。

アルコール(主にエタノール)やアレルギー物質が入った育毛剤を使用した場合に副作用は起きます。

原因となる物質が頭皮周辺で過剰に反応し、肌に炎症を引き起こすからです。

この副作用は育毛剤のグレードに関わらず起きる危険性があります。

自身のアレルギー物質を知っている人は成分のチェックを怠らないようにしましょう。

また、単純に肌が弱い人は、育毛剤を利用し始めは特に注意して、少量から様子を見る必要があります。

ノンアルコール系の育毛剤を選ぶのも手でしょう。

副作用2<心臓の違和感・動悸>

副作用のレベルが肌荒れから一気に重くなりましたね、

心臓の違和感と動悸です。

服用タイプの発毛剤によって起こる副作用です。

この副作用の正体は循環系の異常であることが多いです。

動悸は心拍の異常であり、まさに循環系の異常を告げています。

一方で、心臓や胸の痛み・違和感はわかりにくいかもしれません。

心臓に痛みを感じる機能は存在しないため、これは胸部血管の伸縮に由来するでしょう。

結局のところは循環系異常の仲間となります。

さて、対処策ですが、実のところありません。

まずは、使用をすぐに止めること、必要があれば病院に相談するのが最善となるでしょう。

素人考えで対処するのが一番問題だからです。

もし、購入時に医師や薬剤師に相談する機会があれば、副作用への対処を聞いておきましょう。

副作用3<吐き気>

吐き気の副作用は飲むタイプの発毛剤に見られます。

中枢神経系への異常によるものでしょう。

ただし、重篤なわけではなくバランスを崩しているといったほうが正しいでしょうか。

報告件数は多い一方で、実は軽度の場合には見落としがちな副作用でもあります。

発毛剤の使用開始後は特に注意深く自身を観察しましょう。

副作用4<頭痛>

育毛剤が血圧に悪影響を出してしまっているケースでは、頭痛の副作用が確認できます。

やはり、こちらも正確には発毛剤のカテゴリの製品で見られます。

発毛剤の製品にはもともと、血圧を調整する成分が含まれているものがあります。

簡単に考える人もいるかもしれませんが、体への負担は大きく、ずっと頭痛が続くようではまともな生活は遅れません。

これも例にもれず、まずは使用を取りやめてください。その後、必要であれば病院を受診しましょう。

副作用5<性欲減退>

発毛剤が代謝系に異常をもたらした場合は、性欲が減退する副作用が起きる時があります。

使用開始後の体のだるさ(個人差あり)に紛れてわからない可能性があるでしょう。

加齢によるものだと誤解しないように、性欲減退の副作用が起きるかもしれないと認識しておくことが重要です。

男性ホルモンによって脱毛が進むのなら、それの分泌や作用を抑えようとした結果、性機能に影響が出ているパターンでとなります。

正直なところで言えば、今まで紹介してきた副作用よりも深刻かもしれません。

注意を怠らないようにし、異常が確認されたときはすぐに製品の仕様を中止して下さい。

副作用6<ED・勃起不全>

性欲減退と同様に発毛剤が代謝系に異常をもたらした場合に、ED・勃起不全になる副作用が起きる可能性があるでしょう。

副作用としては性欲減退と注意点は同じです。

しかし、性欲減退やEDは使用を中止しただけでは回復しないくらいに重篤な症状を見せる場合があります。

この場合は、受診が必要になるでしょう。

副作用7<初期脱毛>

ある意味では最も焦る副作用が初期脱毛です。

育毛剤を使用し、薄毛を克服したいのに毛が抜けるのなんて悪夢みたいなものでしょう。

やはり発毛剤に分類される製品を利用した一定数の人が、初期のころに抜け毛の症状が見られます。

ただし、あくまでも初期のころに見られる副作用であり、一定期間を超えると髪の毛が生えてくることが期待できます。

男性と女性のリスクの違いは?

女性用育毛剤の副作用とリスクについて、軽く触れておきましょう。

男性用育毛剤は有名なものが多いですが、女性用育毛剤は強力なものはほとんどありません。

基本的に副作用も肌荒れや湿疹程度となるでしょう。

女性の育毛剤を使っても、男性にはほぼメリットがないことを念のために断っておきます。

ただし、中には男性用発毛剤に含まれるような成分を含んだ製品もあり、女性の方が使う際には注意が必要です。

ちなみに、こちらも男性が使うには向いていません。

女性用育毛剤を使っても、副作用のリスクを回避して効果を得ることはできないということです。

育毛剤は理解して使用する

適当に購入して育毛剤を使うことは、本来であれば危険な行為とさえ言えるでしょう。

日本の規制や日本製品のクオリティでそこそこ安全に使えているだけです。

育毛剤は理解して使わなければいけません。

一方で、理解して使いさえすれば薄毛対策の強い味方になってくれることも間違いないでしょう。

育毛剤を理解して使うためにも、注意が必要となる成分について列挙しておきましょう。

<育毛剤に配合してある要注意成分>

・ミノキシジル
・フィナステリド
・エチニルエストラジオール
・アルコール類(主にエタノール)

要注意といってもほとんどは、発毛剤に含まれている薄毛対策の主役となる成分たちです。

つまり、薄毛対策は副作用とさえうまく付き合って利用する必要があるのです。

そのためにも、医師や薬剤師への相談がベストですが、現在は医薬品に分類される発毛剤もインターネットで発売されています。

便利ではあるのですが、ネット購入で発毛剤を利用するのなら、副作用についてどんな症状があるかをより詳しく知っておく必要があるでしょう。

また、アルコール類は単純に刺激物であり、肌を荒らす可能性が強いものです。

肌がそもそも弱いという自覚がある人は、塗り薬はノンアルコールの類を選びましょう。

副作用がない育毛剤には効果もない

副作用のある育毛剤は利用したくないと言っても、そんな育毛剤を探すのは難しいでしょう。

育毛剤の副作用というのは、薄毛に効果がある成分がたまたま体質などによって合わなかっただけです。

副作用が起きる可能性を毛嫌いするだけでは、有効な成分が入った育毛剤を使う機会を逃してしまうでしょう。

きちんとした知識によって、様子を見ながら使用する必要があります。

つまり、副作用がない育毛剤は効果もほぼ見込めないということです。

副作用のリスクと効果を天秤にかけて、育毛剤を利用していきましょう。

まとめ

育毛剤の副作用とリスク、そして有意性を紹介してきました。

本文中では7つの副作用を挙げていますが、副作用がない効果的な育毛剤は存在しないと言えるでしょう。

そのため、注意が必要な成分については押さえておいたほうが良いでしょう。

<育毛剤に配合してある要注意成分>

・ミノキシジル
・フィナステリド
・エチニルエストラジオール
・アルコール類(主にエタノール)

しかし、これらが薄毛対策効果の主役となる成分でもあるのです。

高い効果が期待できる育毛剤は副作用のリスクをきちんと理解して、効果と天秤にかけて利用する必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です