育毛剤と発毛剤の違いはないは嘘!?プロが教える3つの違いとメリット・デメリット

「抜け毛や薄毛が気になるなぁ……」

「よし、育毛剤を使うべきかな?あれ、こっちは発毛剤って書いてある?」

「どっちが良いのだろうか?違いは何だろう?」

抜け毛や薄毛が気になりはじめたときに、育毛剤の使用を考える人も多いでしょう。

しかし、育毛剤の他にもドラッグストアには発毛剤も売っています。

育毛剤と発毛剤はどのように使い分けるのが正しいのでしょうか?

以下のポイントに従ってまとめていきます。

<育毛剤と発毛剤の違いとメリット・デメリット>

・育毛剤と発毛剤

・育毛剤のポイント

・発毛剤のポイント

・育毛剤と発毛剤3つの違い

・それぞれのメリットとデメリット

それでは、本文をどうぞご覧ください。

育毛剤と発毛剤について

薄毛に悩む人のためにヘアケア用品がいくつも販売されています。

実際、薄毛や脱毛症対策によく育毛剤や発毛剤の名前が挙がりますね。

いくつもの製品がドラッグストアでも確認できるはずです。

育毛剤と違い、発毛剤のコーナーには「薬剤師と相談」の表記が書いているかもしれません。

薄毛対策のためには育毛剤と発毛剤は役割分担が必要になるでしょう。

そもそも発毛剤は医薬品であり、育毛剤は医薬部外品です。

厳密な意味では薄毛や脱毛の治療は発毛剤の役割であり、薄毛の予防が育毛剤の役割になるでしょう。

治療が主目的の発毛剤と予防が主目的の育毛剤では、そもそもの期待される役割が別物に過ぎます。

製品の分類上の名前が異なるだけで、「どちらも髪に良いものだろう」とか「使い方は似ているのだろう」とか思ってはいけません。

法律の下に規制されているのですから、きちんとした意味があるのです。

さて髪の毛が完全になくなってしまってからでは、育毛剤の出番はありません。

治療のためには発毛剤の出番となります。そのためには医師や薬剤師への相談も必要になることがあるでしょう。

逆に薄毛や脱毛が初期の状態で発毛剤を使うと、下手をすると悪化の恐れもあります。

初期対策・予防は育毛剤の出番です。

こちらは基本的に自分の判断で使っていけるでしょう。

ここからはそれぞれの押さえるべきポイントをまとめていきます。

育毛剤のポイント

育毛剤はヘアケア用品の中では医薬部外品に分類されるものです。

厚生労働省が認める有効成分が配合してありますが、医薬成分は入っていません。

天然成分であることも多く、強烈な副作用などを恐れる必要はないでしょう。

既に触れましたが、育毛剤は既存の髪の毛の成長を促すことが目的であり、その効果を最大限に活かせるのは、生えはじめや産毛からケアしているときです。

すでにある髪の毛を強く健やかに成長させるための手段であり、丈夫な髪の毛をもって薄毛の予防を狙います。

薄毛を予防するための育毛剤の効果は以下の通りです。

<育毛剤の効果>

  • 頭皮の抹消血管拡張
  • 頭皮や髪の毛への栄養補給
  • 脱毛に関係する男性ホルモンの抑制
  • 頭皮の保湿
  • 頭皮の消炎作用

このように頭皮の血行を促進したり、保湿や消炎作用によって頭皮を保護したりして髪の毛の成長を促します。

さて、AGA(男性型脱毛症)などで最近有名になっているのが、男性ホルモンのジヒドロテストステロンです。

髪の毛の脱毛に働くホルモンとして知られます。

このジヒドロテストステロンは、体内で生産されるテストステロンを5αリアクターゼと呼ばれる酵素が還元することで作られます。

この酵素の作用を抑える事を目的とし、AGA対策を目的としている育毛剤も最近では数があります。

一方で、育毛剤の中にはAGAが主目的でないものもありますので、自身にとって必要とする育毛剤をきちんと選ぶことが重要でしょう。

残念ながら髪の毛がほぼなくなってしまった男性には、育毛剤の恩恵はほぼありません。

育毛剤の効果では髪の毛が改めて生えてきません。これは発毛剤の領分でしょう。

一方で「生え際が気になるな」や「抜け毛が増えているようなきがする」などの初期の頃の薄毛や脱毛なら育毛剤の出番です。

発毛剤のポイント

発毛剤はヘアケア用品の中では医薬品に分類されます。

髪の毛が抜けてしまった部位を再生させる治療に入るでしょう。

先に挙げた通り、育毛剤は頭皮の環境を維持したり、既に生えている髪の毛を健やかに成長するようにサポートしたりするものであるのに対し、一方で発毛剤は既に生えなくなった髪の毛を改めて生やす効果があります。

繰り返しますが、治療行為に近く(あるいは治療そのもの)であり、医師や薬剤師の管理の下での運用が望ましいでしょう。効果が強い分のリスク(副作用)があるからです。

下手に知識がないままで発毛剤を使ってしまうと、状況(薄毛・脱毛)を悪化させるかもしれません。

はっきりと「発毛剤は副作用が起き得る」と言い切ってしまいましょう。

リスク評価は「もしかしたら起きないかも」ではなく、「もし起きたらどうするか」で考えねばなりません。

結局のところ、素人ですから医師や薬剤師への相談は必須です。

以前は絶対に医師か薬剤師への相談が必要でしたが、ネット上でも一部の医薬品が販売できるようになってから、発毛剤も購入できるようになっています。

もっとも、最初に購入する場合は相談するのがベストでしょう。

髪の毛がほぼ見当たらなくなってからの治療なら、強力な効果をもっている発毛剤の出番です。

ある意味では、薄毛の予防や対策がうまくいかなかった場合の最終手段とも言えます。

いきなり頼る手段としては負担が大きいでしょう。

よく薄毛や脱毛で受診したクリニックや医療機関で処方されるものに『プロペシア』という内服薬があります。

発毛剤は『内服』の『薬』であり、育毛剤が主に塗るタイプが多かったのに対して、プロペシアは飲み薬となり、一気に発毛剤はお薬と治療の印象が強めたはずです。

発毛剤は毛母細胞に働きかけ髪を改めて生やす効果が主になりますが、プロペシアはAGA対策に使われる発毛剤です。

薄毛や脱毛の症状(AGA)の元を断つため、プロペシアはジヒドロテストステロンの抑制を目的とします。

そのプロペシアで起き得る副作用は次の通りです。

今回はプロペシアを例として、強力な発毛剤の副作用を考えます。

<プロペシアの副作用>

  • 勃起不全(ED)
  • 男性機能の障害
  • 性欲減退・精力低減
  • 肝臓の機能低下
  • 動悸や息切れ
  • その他、体がだるいなどの諸症状

まず、内服薬としてのプロペシアは服用後に肝臓で主に代謝されます。

服用を続けると肝臓に負担がかかることが確認されています。

無論、問題にならない方がいる一方で、支障をきたしてしまう方もいるでしょう。

実際に長期間の服用を続ける人の中には、肝機能にダメージを受ける人もいるのは間違いありません。

さらに、プロペシアは男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの抑制が目的であることから、男性ホルモンに直接影響を与える薬でもあります。

本来であれば、男性ホルモンのすべてが悪者というわけではなく、事実として男性機能や性精力関係の源とも言える体内物質でもあります。

服用を続けると、男性にとってとても重要な性機能に影響を与える可能性もあるでしょう。

もし、プロペシアを服用するつもりでも、きちんと医師や薬剤師から効果と副作用を聞いてからにしましょう。

発毛剤を使うならリスク管理は重要です。

発毛剤のひとつプロペシアの副作用についてでした。製品は違っても発毛剤から副作用のリスクを取り除くことは出来ません。

実際のところ副作用は恐いので、育毛剤を飛ばしていきなり発毛剤を使用するような真似はオススメできないですね。

これはあくまでも発毛剤は気をつけて使わないと、副作用が恐いという話であり、効果を疑うものではありませんが、効果が強いものにはそれなり以上のリスクがあって当然なのでしょう。

基本的には発毛剤はやはり最終手段と考えておくべきです。

どうしても薄毛などを改善できない場合に頼るのが発毛剤となります。

育毛剤と発毛剤の違いその1『副作用の有無』

育毛剤と発毛剤の違いで真っ先に挙げなければならないのが、強烈な副作用の有無です。

育毛剤に含まれている成分上、副作用は起きません。

一方で、発毛剤に含まれている成分によっては副作用が起きる可能性もあります。

無論、どちらを使おうとも肌が弱かったり、アレルギー物質があったりすると炎症を起こしたり、体調を軽く崩したりはするかもしれません。

しかし、育毛剤はそれ以上の重篤な影響は出ないので、他の製品にかることが出来ます。

一方で、既に書きましたが発毛剤は医師や薬剤師の指示の下に利用することで、万が一の副作用にも備えることが出来るでしょう。

育毛剤と発毛剤の違いその2『手軽さの違い』

育毛剤と発毛剤は利用するための手軽さが大きく違います。

「薄毛対策を始めようかな」程度の気持ちなら育毛剤から始めるのが簡単でしょう。

誰の手も借りずに、自分の決断で始められるからです。

イクオスやチャップアップ辺りから始めるのが当サイトのオススメになります。

一方の発毛剤は基本的にクリニックや医療機関での相談が必要です。

市販の発毛剤を買う場合でも、ドラッグストア等に務めている薬剤師の指導が必要になっています。

お手軽とは無縁と言っても良いでしょうが、効果が強力なのでそれだけの慎重さが必要になるということが法律で決まっているのです。

育毛剤と発毛剤の違いその3『使い始めるタイミング』

育毛剤と発毛剤は使い始めるタイミングが違うと言えます。

さて、効果が強い・弱いという面を違いとしてとりあげるのはナンセンスです。

負担もあるが効果は強いものを初期から使う人はいません。

まずは、弱いものから使い予防と対策を行い、悪化するようならある程度のリスク覚悟で強烈なものを使うのが順番でしょう。

この例で言うと、育毛剤は予防を考える段階で用い、それでも悪化し続け薄くなってしまったら、発毛剤の出番になるということです。

育毛剤と発毛剤のメリットとデメリット

育毛剤のメリットは手軽さとリスクの少なさと言えるでしょう。

使うタイミングとしては、「薄毛が気になり始めたな……」や「抜け毛が増えたような……」といった初期の薄毛や脱毛に対する予防としてとなります。

育毛剤のデメリットは薄毛や脱毛の治療は行えないということでしょう。

医薬成分はないため、治療行為までは不可能です。

よって、悪化した薄毛や脱毛症は育毛剤を使っていても対処できません。

発毛剤は薄毛や脱毛症が悪化した場合に出番となり、治療行為が行えるのがメリットと言えます。

ここらへんは育毛剤と発毛剤の住み分けとでも言うべきでしょう。

発毛剤のデメリットは副作用のリスクが有ることや、利用開始にあたって手間がかかることでしょう。

発毛剤は治療を目的とする医薬品なので、慎重を期さなければならないのです。

育毛剤と発毛剤は使うタイミングが重なることはありません。自身頭皮や髪の毛の状況にあわせて使い分ける必要があるでしょう。

育毛剤の予防効果によって悪化を食い止め、発毛剤の出番をなくすのが頭皮や髪の毛、身体への負担が最も少なくて済む方法でしょう。

もちろん、育毛剤と個人ごとに体質との相性があるので、一概にうまくいくとは言えません。

そうなった時はクリニックや医療機関に相談して、発毛剤を始めとした治療行為の出番でしょう。

まとめ

育毛剤と発毛剤は名前から受けるイメージこそ似ていますが、髪の毛や頭皮の状態に応じて使い分ける必要があります。育毛剤と発毛剤の違いには以下の様なものがあります。

<育毛剤と発毛剤の違い>

・副作用の有無の違い

・手軽さの違い

・使いはじめるタイミングの違い

簡単に使い分け方を書くと、育毛剤は薄毛や抜け毛が気になり始めた時期から使い始めると良いです。

育毛剤の役割は既にある髪の毛の成長のサポートと薄毛の予防になります。

発毛剤は薄毛や脱毛症が悪化した時に出番です。

サポートや予防ではなく、治療行為に用います。

育毛剤の予防効果がうまくいけば、発毛剤の出番はないかもしれません。

薄毛が気になったら早期に育毛剤の使用を検討しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です