5つの人気育毛剤を育毛剤研究家がガチで徹底比較!

「育毛剤は多すぎて、よく分からない」

「有力なものだけ教えてくれ!」

「そもそも、育毛剤って何なの?」

今回5つ育毛剤等ヘアケア用品の比較を行います。

以下の流れで、オススメとなる育毛剤を見極めます。

<人気育毛剤の比較>

  • 育毛剤の役割とは
  • 5つの育毛剤をチョイス
  • 5つの育毛剤を比較
  • 育毛剤は相性がある

それでは、本文をどうぞご覧ください。

個々の育毛剤についての詳細は、当サイトの別記事にまとめています。

よろしければご覧ください。

育毛剤の役割

育毛剤の役割とは何でしょうか?

「髪を生やす?」

「ハゲを治す」

「効果はないのでは?」

「副作用はないよね?」

さて、育毛剤の役割とは薄毛や抜け毛の予防や防止になります。

そう、予防なのですよね。

薄毛の治療はできないのです。

髪の毛が生えなくなってしまったら、生やすことは難しいでしょう。

育毛剤は予防が役割です。

決して、治療の役割をするわけではありません。

そもそも治療の出番が必要な状況を避けるのが重要なのです。

例えば、風邪になったら治療が必要ですが、風邪を予防できたら治療の必要はありませんよね。

育毛剤はそういう役割を果たします。

髪の毛がなくなる前なら、育毛剤で予防できます。

そして、有力な育毛剤なら産毛程度でも残っているのなら、効果を見込めます。

髪の毛の成長をサポートするので、むしろ産毛にこそ強く働いてくれるでしょう。

育毛剤は薄毛の予防と抜け毛の防止のため、育毛成分による髪の毛の健全で丈夫な成長をサポートし、土台となる頭皮の環境を改善し、脱毛ファクターの活動を抑制します。

今回チョイスし、比較する5つの育毛剤には3つの育毛剤が含まれます。

では、それ以外の2つは何か?

それは、医薬品である発毛剤と化粧品である養毛剤です。

医薬品である発毛剤は先程挙げた発毛の治療を行います。

医薬品であるので、効果は強く、副作用のリスクがあります。育毛剤の予防が間に合わなかったら、出番になるヘアケア用品なので、今回の比較対象に加えています。

今回選んでいる化粧品である養毛剤は、育毛剤を目指して作られているのですが、厚生労働省に認可されていない新しい成分を中心に配合されています。

新時代の工夫をしているヘアケア用品として比較対象にしました。

5つの人気育毛剤をピックアップ

今回比較する育毛剤他ヘアケア用品は以下の通りです。

  • チャップアップ
  • イクオス
  • BUBKA
  • リアップX5プラス
  • フィンジア

簡単な説明を行っておきましょう。

【チャップアップ】


・育毛成分の配合数が多い育毛剤
・M-034配合
・王道的な育毛剤
・人気NO.1

【イクオス】


・M-034の進化版アルガス‐2配合
・育毛成分多数
・浸透力確保に意欲
・公式サイト以外で保証なし

【BUBKA】


・育毛成分多数
・M-034の先駆け

【リアップX5プラス】


・医薬品
・医師・薬剤師との相談
・市販製品で唯一ミノキシジル(発毛)を配合

【フィンジア】


・新育毛成分キャピキシル配合
・化粧品扱い

人気育毛剤の比較

今回比較するのは5項目です。

<比較項目>

  • 育毛・発毛成分
  • AGA(男性型脱毛症)対策
  • 頭皮環境の維持・改善
  • 副作用
  • コストパフォーマンス

【育毛・発毛成分】

育毛・発毛を促進する要素としては、血行の促進や髪の毛の細胞分裂を促進、育毛の成長因子を促進するなどが考えられます。

医薬品としてこれを為すと言われているのが、ミノキシジルです。今回ならミノキシジルはリアップに入っています。

【AGA(男性型脱毛症)対策】

AGA(男性型脱毛症)は脱毛ホルモンによって進行する薄毛や抜け毛の症状のひとつです。有名なヘアトラブルの原因です

体内の男性ホルモンが5αリダクターゼ酵素によって、脱毛に働くホルモンであるDHTが作られます。この5αリダクターゼの阻害を行えば、脱毛ホルモンDHTを抑制できます。

育毛剤にはオウゴンエキスなどとして配合されています。

【頭皮環境の維持・改善】

頭皮の環境は髪の毛が育っていく土台となるため、意外なほどに重要性が高い項目です。

この頭皮環境を維持・改善することで、髪の毛が健やかに成長するようになります。

逆に悪化している頭皮環境ですと、栄養が十分に回らなかったり、皮脂の過剰分泌から毛穴が詰まってしまったり、炎症によって脱毛が進んでしまったりします。

頭皮の環境維持のための成分が入っているのかどうかが評価ポイントです。

【副作用】

副作用の有無を確認して、評価する項目です。

すぐに、下の表中でも書きますが、天然成分主体の場合に限り、副作用はありません。医薬品は副作用のリスクがあります。

【コストパフォーマンス】

それぞれのヘアケア用品の値段の比較です。今回ならリアップ以外は薬局やドラッグストアの店頭では販売しておらず、購入手段はネット通販のみです。基本的に公式サイトが最安値のため、そこを基準に比較します。

5つの育毛剤をこれら5項目について比較した結果を一覧表にします。

育毛剤比較表

製品名/比較項目 育毛・発毛成分 AGA対策 頭皮環境の維持・改善 副作用 コストパフォーマンス 備考

チャップアップ ◯
M-034他多数 ◯
DHT抑制 ◎ ◎ ◎
返金保証無期限 おすすめNO.1

イクオス ◯
アルガス-2他多数 ◯
DHT抑制 ◎ ◯ ◎
公式サイト推奨 おすすめNO.2

BUBKA ◯
M-034中心 ◯
DHT抑制 ◎ ◯ ×
高い コスパ悪い

リアップX5プラス ◎
医薬成分ミノキシジル ×*1
補足あり ◯ ×
リスク有 ◯
唯一市販 受診推奨

フィンジア ◯
新成分
キャピキスル ◯ ◎ ◯ △ キャピキシルの評価まち
備考1 リアップはAGA治療薬 リアップ以外は天然成分 リアップに危険性あり 基本的にネット販売
備考2 DHTの抑制はオウゴンエキスなど 天然成分に危険性なし 基本的に公式サイトが最安値
*1 リアップにはDHTの抑制成分がない(名前はAGA治療薬だが、発毛作用を大きく評価)

さて、上記の表を見てどう思うでしょうか?

「どれも似ているような気がするが……」

「はっきりとどれが一位とはわからないな」

曖昧な比較表になったのには理由がきちんとあります。

まずは、選んでいる育毛剤が、基本的に良く手に取られる高クオリティ育毛剤であることです。

もう1点は育毛剤の効き方は人それぞれだから、というのが理由です。

例えば、あらゆる有効成分を網羅的にカバーしている、チャップアップやイクオスなどは広い範囲で薄毛や抜け毛を予防、防止できます。

現状のところ、育毛剤は多くの有効成分を含んでいるものが、高クオリティの育毛剤と言えます。

新しい工夫が少なくても、配分数を多くするのが、十分に意味のある采配でしょう。

今回選んでいる育毛剤は、だいたいが、育毛剤のランキング上位の常連であるため、あまり比較する意味がなかったかもしれませんね。

ただ、注目すべきはリアップX5プラスに副作用がありますが、他の天然成分由来で作られた製品は、安全性が高いということです。

また、今現在は厚生労働省から認められている有効成分があり、これをベースに評価を考えていますが、一方で、フィンジアのように次世代の育毛剤が現れ始めました。

フィンジアは法律的にはまだ化粧品ですが、いずれ育毛剤の中に入るのではないでしょうか。

実際にはキャピキシルの評価次第ですね。

しかし残念なことに、そのキャピキシルの評価については、まだデータが十分ではないかなという印象です。

そのため評価自体はやや抑え目となりました。

これまで、取り上げていませんがBUBKAはオススメされてしかるべき育毛剤で間違いありません。

しかし、今回の製品の中でもコストパフォーマンスが悪いのがネックとなりました。

結局のところ、おすすめはチャップアップとイクオスではないかと考えられます。

あえてオススメを決めるのなら、チャップアップでしょう。

育毛剤は自分で確かめる必要も

育毛剤と利用者の間には相性というものが絶対に存在します。

その相性次第では、どこでおすすめしている育毛剤でも効かなかったり、逆に大穴のような育毛剤が効いてしまったりもします。

大前提として、今回紹介している育毛剤は多くの人に、より広範囲の体質にマッチするような育毛剤をチョイスしています。

配合成分が多ければ多いほど、いろんな人に適している育毛剤であるとも考えられるでしょう。

しかし、その効果というのは、最終的にはどうしても自分でチェックしなければいけないのです。

こればかりは育毛剤を使用する上で、あるいはヘアケアを行う上での鉄則です。

誰がどこで育毛剤をオススメしていようと、自分に本当に合っているのかは自分の頭皮と髪の毛でチェックしましょう。

そして、そのチェックの方法が重要なのですが、3ヶ月以上、できれば半年以上の継続した使用をもって判定してほしいです。

髪の毛というものは、育毛剤を使っても成長速度は変わらないものです。

育毛剤は健やかに、丈夫に成長させるのが目的で、スピードアップは行いません。

つまり、毎日少しずつしか髪の毛は成長しません。

文字通り成果が目に見えるのは、ずっと時間をかけねばなりません。

それを一か月、二か月くらい使って効果がないと判断して、コロコロと育毛剤を変えていては本当の効果はわかりません。

できれば半年以上の使用を通して、自分に合った育毛剤を見つけてください。

まとめ

有力な育毛剤を5つ選んで比較しました。

<比較した育毛剤>
・チャップアップ
・イクオス
・BUBKA
・リアップX5プラス
・フィンジア

<比較項目>
・育毛・発毛成分
・AGA対策
・頭皮環境の維持・改善
・副作用
・コストパフォーマンス

結果としてはチャップアップを最もオススメとしました。

しかし、どれだけおすすめの育毛剤でも、結局は自分との相性が最後には大事になるのです。

3ヶ月以上、できれば半年以上の使用で効果があるかをチェックするべきでしょう。

当サイトの別記事で育毛剤を個別に取り上げています。

興味を持っていただけたら、どうかご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です