女性におすすめの育毛剤おすすめランキング4つとプロ直伝の選び方

「最近薄毛が目立ち始めた気がする………」

「抜け毛が増えたけど……。どうしよう」

「自分には無縁だと思っていたのに………」

このような女性の方、いらっしゃいませんか?

実際自分には関係ないと思っていた抜け毛などが突然身近になると驚くでしょう。

この記事では、薄毛や抜け毛に立ち向かう強い味方である女性用育毛剤を紹介していきます。

以下のポイントに従って説明するので、参考にして下さい。

<女性用育毛剤について>
・女性用育毛剤と女性の薄毛の関係
・育毛剤の役割や効果
・育毛剤を選ぶコツ・おすすめランキング
・その他の疑問点

それでは、どうぞ『女性におすすめの育毛剤』の本文を御覧ください。

女性に育毛剤をオススメする理由

薄毛や脱毛の対策には、女性にも育毛剤がオススメとなります。

以前であれば、薄毛に悩むのは男性だけという印象でした。

しかし、女性にも薄毛や抜け毛に悩む人が増えているイメージですよね。

その理由としては以前と異なり、男性だけでなく女性にも薄毛や脱毛のリスクはつきまとうということが分かってきたからです。

もっとも男性の脱毛の有名なメカニズムはAGA(男性型脱毛症)というものでしょう。

これは脱毛に働くホルモンを作る酵素、5αリダクターゼが脱毛の原因の因子であるとされています。

この5αリダクターゼは遺伝的な要因によって働きが決定されています。

そう、遺伝的に決まっているのです。

では、女性には関係ありませんね。『このメカニズムに関しては』

名称からも分かる通り、AGAは男性の脱毛メカニズムなのです。女性には関係ありません。

それでは、女性には薄毛や脱毛のリスクがないのかというと、既に申し上げた通りそうではないのです。例えば女性には似たメカニズムとしてFAGAがあります。

そもそも現代社会ではストレスが強いことにはじまり、生活習慣の乱れや食事内容や栄養状況も偏っています。

これらの影響から人間は現代日本に生きる人々は、皆がみな、薄毛のリスクにさらされているほどに危機的な状況に陥っているのです。

そのためにも「薄毛が気になってきたかな」や「抜け毛が多いような気がするな」とか「友達の視線が頭に集まるような気がするな」、「自分の周囲で薄毛が始まった人がいるな」と思ったら育毛剤を手に取ってみることをお勧めします。

<育毛剤使用おすすめタイミング>

  • 薄毛になってきたなと気づいた時
  • 抜け毛が多いと気づいた時
  • 周囲の視線が頭部に集まる時
  • 同年代の人の薄毛が進んだ時

育毛剤という製品は薄毛や脱毛症の『治療』するものではありません。

育毛剤は『予防』するものです。

治療となると医療機関やクリニックのお世話になりますが、予防は個人の力でもできます。

頭部の薄毛を進行させたり、髪の毛の成長をサポートしたり、それを通じて元のボリュームを取り戻したりすることで予防するのです。

その予防のためにも育毛剤の存在が大きな力となるのですが、女性用の育毛剤は男性の育毛剤とは成分が異なってくることになるでしょう。

なぜなら男性の薄毛や抜け毛のメカニズムと、女性の薄毛や抜け毛のメカニズムは別のものであるからです。

それらのメカニズムについては次の見出し『女性用育毛剤の薄毛・抜け毛のメカニズム』で説明します。

女性用育毛剤の薄毛・抜け毛のメカニズム

男性の薄毛や脱毛原因はAGAを例に出しました。

似た症状が女性にもあります。

名前をFAGA(女性男性脱毛症)と言います。

変な名前ですが、そもそもAGAの日本語訳が少し変なんですよね。

FAGAの原因は加齢や女性ホルモンの減少であると考えられています。

女性ホルモンは更年期以降に減少するため、40代以降の薄毛が増える理由です。

男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れるタイミングで脱毛がはじまると考えても良いでしょう。

ホルモンバランスが崩れる瞬間は女性には結構ありますよね。例えば、出産などが考えられます。

一般的に生活習慣の悪化やストレスなどでも、容易にホルモンバランスは崩れやすいと言えるでしょう。

このホルモンバランスを整えるのが、育毛剤の目的のひとつです。

女性用育毛剤の効果

育毛剤は記で説明したようにホルモンバランスを整えることで、薄毛や脱毛の予防をしています。

他には以下のような女性用育毛剤の効果が考えられます。

<女性用育毛剤の効果>

  • ホルモンバランスを整える
  • 頭皮の保湿
  • 血行の促進
  • 消炎・殺菌効果
  • 髪の毛の成長サポート

女性用の育毛剤にはさまざまな成分が含まれており、その配分数が多ければ多いほど根拠となるでしょう。

ただし、「どの成分なら必ず効く」ということは断言できません。

網羅的に成分を多く集める理由です。自身の体質に合うかどうかは、自分で使って試してみるしかありません。

さて、育毛剤を使用の際には用法や用量は守るようにしましょう。

多く使ったところで、効果が上がるわけではありません。

それどころか多く使用した場合、むしろ悪影響がある場合もあるでしょう。

育毛剤の効果は決まっている用法や用量を守ることが重要です。

守られてようやく効率的に使えるようになるのです。

女性用育毛剤を選ぶコツ

女性用育毛剤を選ぶコツを以下に挙げます。

<女性用育毛剤を選ぶコツ>

  • もちろん女性用の育毛剤を選ぶ(男女共用は可)
  • 医薬成分は避ける(そもそも処方箋などが必要)
  • 低刺激のものを選ぶ(無添加・ノンアルコールなど)
  • コストパフォーマンスが良いものを選ぶ

わかりやすいものが多いと思いますが、ひとつ補足をします。

最後の「コストパフォーマンスが良いものを選ぶ」についてです。

実は育毛剤は使用するとすぐに効果が出るというわけではありません。

3ヶ月から半年以上は効果が確認しにくいでしょう。

そもそも髪の毛は日々少しずつしか成長しないので、文字通り効果は目に見えないでしょう。

また、継続的な使用でヘアケアがうまくいき始めても、それを維持するためにも育毛剤はさらに継続した使用が必要になります。

継続使用する期間がながいため、コストパフォーマンスが良いほうがオトクであるということです。

おすすめ度NO.1「イクオス」

イクオスは男女用の育毛剤です。

このサイトの別記事でも紹介しているので、詳細に渡る効果説明は割愛します。

イクオスの育毛剤としての評価はかなり効果が期待できる育毛剤であるというものです。

特に最近になってから、意欲的なリニューアルも行われました。

まだ、意欲的に開発が続いていることがわかり、これからもさらに活躍すると期待が持てます。

内容としては配合成分も優れていますが、リニューアル後は使い勝手の良さも向上している印象です。

この育毛剤はネット専売です。

基本的には公式サイトで買うのが最も安くなる手段です。

返金保証やアフターサービスは公式サイトでしか得られません。

イクオスは他にもサプリやシャンプーとのセット販売も存在します。

セットで使うとヘアケア効果が見込めるでしょう。

おすすめ度NO.2「ベルタ育毛剤」

オススメNO.2はベルタ育毛剤です。

手軽に始められる無難なところでしょう。

女性用育毛剤を考えるときには候補に挙げても良いです。

56種類の成分が配合されており、効果の程も期待できますね。

浸透力もナノテクノロジーによって確保しようとしています。

コストと成分のバランスを見た時、育毛剤の中でもかなり良いバランスをしています。

入門用としても、継続としても使っていけるでしょう。

おすすめ度NO.3「マイナチュレ」

メディア露出の回数が多い育毛剤がマイナチュレです。

コストパフォーマンスが良い育毛剤と言えるでしょう。

植物成分由来・無香料・無添加と刺激が少ない育毛剤です。

おすすめ度NO.4「ミューノアージュ」

ミューノアージュはコストパフォーマン良い育毛剤です。

最近評判が良い育毛剤でしょう。

しかし、やや歴史が浅かったため、ランキングはこの位置にしました。

正直なところ、期待値は上の育毛剤たちとあまり変わらないでしょう。

無添加は良いことか?

無添加であるということは、刺激物が少ないということです。

頭皮を保護する役割も担う育毛剤で、刺激物が多く配合されていることは本末転倒でしょう。

例としては、石油系界面活性剤やタール系などの成分が配合されているようなら注意が必要です。

無添加に近いほうが歓迎できるということであって、完全に駄目というわけではありません。

しかし、育毛剤を選ぶ際の優先順位は間違いなく下がるでしょう。

副作用やリスクはないか?

副作用は育毛剤には基本的にないと思っても構いません。

男女問わず、育毛剤はそういう設計です。

配合成分に天然油来の成分が多いので、基本的に副作用が起きる機会がないのです。

しかし、例えば個人として肌が弱い、敏感肌であるなどの場合や、特定の成分に対してアレルギー反応を起こすという場合は、これは個人差の範囲ですから育毛剤が安心であると保証する部分ではないでしょう。

育毛剤の配合成分をチェックしてアレルギー物質がないかどうかを確認し、少しずつ使ってみて、肌に対して違和感がないかどうかをチェックしながら使う必要があります。

また、もしもアルコール類が駄目であれば、ノンアルコール系の育毛剤もあります。

そちらの方も探してみると良いでしょう。

もしも育毛剤ではなく、医薬成分配合の製品を手に取った場合は要注意です。

まず、今回は医薬成分配合の製品は紹介していません。これらは発毛剤と呼ばれ、薄毛や脱毛の治療用の製品です。

医薬成分は避けることを上述の見出し『女性用育毛剤を選ぶコツ』でコツとして取り上げました。

医薬成分は副作用のリスクがあるからです。

よって、医療機関や薬剤師からの指導がなければ基本的には使うことができません。

使うタイミングも『予防』と『治療』でかけ離れているため、間違いないようにしましょう。

薄毛を予防するのは育毛剤の働きです。

また、治療を担う発毛剤になると副作用のリスクは途端に跳ね上がりますので間違いないでください。

効果が強ければ良いという話ではないということを念頭に置いておいてください。

年齢は問わないと考えてもいいか?

加齢によって薄毛が進行することは確かにあります。

これは本来であれば遺伝的な要因でもあると考えられてきました。

しかし、現代社会ではストレスや栄養の偏り、生活リズムの悪化などによって薄毛や脱毛のリスクは上がっています。

依然として加齢によって薄毛が進行するリスクも当然ありますが、それと同じくらいに若い人でも薄毛になるリスクが高いと言えるでしょう。

そのため現在作られている育毛剤は、全ての年齢を対象にしていることが多いです。

年齢を限定しているということがないため、特別に製品のマニュアルでも断りを入れているわけではないかもしれません。

結局のところ、どの年齢でも育毛剤を利用できると考えて良いでしょう。

女性用育毛剤のランキング総評

男女共用のイクオスをランキング1位にしているのは少し意外かもしれません。

しかし、実際にはイクオスのレビューや口コミからは、女性の利用者からの好評が伺えます。

イクオスは不足なく、女性用育毛剤としても働いてくれるでしょう。

ランキングの2位から4位については、育毛剤としての期待値にあまり差がないと考えられます。

知名度やコストパフォーマンスで選んでいます。

今回のランキングならどの製品から育毛剤をはじめても良いでしょう。

中には返金保証などの保証を用意している製品もあります。

万が一のときには利用してみると良いでしょう。

例えば、イクオスは公式サイトで購入すると、アフターサービスも万全となっています。

まとめ

女性用育毛剤について紹介してきました。

女性の薄毛や脱毛も最近では珍しくありません。

女性用育毛剤は薄毛予防や対策、脱毛対策に心強い味方となってくれるでしょう。

本文中ではいくつかのポイントに従って、女性の薄毛と育毛剤について解説しています。

また、作成した育毛剤ランキングは以下の用になっています。

<女性用育毛剤ランキング>
1.イクオス
2.ベルタ育毛剤
3.マイナチュレ
4.ミューノアージュ

正直なところ、どの育毛剤からはじめても一定以上の期待が持てるでしょう。

これらの中でも、イクオスは男女共用ですが、不足なく育毛剤としての役割を果たしてくれると考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です