まつ毛やまゆ毛用育毛剤おすすめランキングベスト3とプロの解説

「目元をハッキリ見せたいな」

「まゆ毛が少し薄い気がするな……」

「育毛剤と美容液の違いってなに?どっちを使えばいいの?」

体毛のケアとしてまつ毛やまゆ毛に使う育毛剤が存在します。

その有効性や効果を以下のポイントに従ってまとめます。

<まつ毛やまゆ毛育毛剤のポイント>
・育毛剤の特徴と効果
・それぞれの育毛剤は共用できるか
・副作用やリスクについて
・おすすめランキング・それぞれのベスト3

それでは本文を御覧ください。

ランキングをすぐ見たい方はページ半ばまで飛ばしていただいても結構です。

まつ毛育毛剤について特徴と効果

女性にとって目元がぱっちりしているということは、重要なファクターではないでしょうか?

実際のところ、目元ぱっちりしていることに憧れている人って多いですよね。

しかし、そのためには長くて色濃いまつ毛が重要な要素になります。

そのために化粧品として、マスカラやつけまつ毛などが市場に流通していますね。

しかし、自然のまつ毛にはなかなかかないませんし、時間のない時(特に毎朝)に身支度するなら、つけまつ毛などは億劫に感じる時も多いのではないでしょうか?

私ならできることなら、積極的にやりたくありません。

また手間以外の問題としても、つけまつ毛やマスカラなどは「目元の皮膚に与えるダメージが大きいのではないか」とも言われていますよね。

そう、一番良い解決策といえば、理想のまつ毛を生やすことになるでしょう!

理想のまつ毛を得る目的のために使用できるのがまつ毛育毛剤です。

まつ毛には発毛サイクルというものがあります。

正確には髪の毛をはじめとした体毛にはサイクルが存在するのです。

体毛はずっと生えているわけではなく、一本ごとに生えること(成長期)と抜けること(退行期)とを繰り返しています。

実際には休止期と言って維持している時期を間に挟みます。

家はそれぞれ別々の周期にいるので、トータルで一定量が存在するシステムになっているのです。

毎日多少は抜けているということでもあります。

この周期のバランスが悪くなると、まつげが抜ける期間が長いのに、成長が遅く(太くならない)、維持している期間も短い(すぐに抜ける)という最悪の状況になってしまいます。

太くて量の多いまつげにするためには、この周期のバランスを整える必要があります。

さて、まつ毛育毛剤には似たものとして、まつげ美容液も有名でしょう。

実は目的も非常に似通っています。

よりまつげを手入れすることです。

ダメージの修復も視野に入れているようで、保湿成分が多めでした。

まつ毛美容液とまつ毛育毛剤の大きな違いは、育毛剤にはまつ毛の育毛成分が含まれていることでしょう。

入っていないからすなわち駄目とはなりません。

育毛要因はそれだけではないからです。

しかし、優先順位は育毛剤よりも美容液のほうが下がるでしょう。

一例として、まつげ育毛剤には『ビマトプロスト』という有効成分が含まれています。

この成分は先程の発毛サイクルのバランスを改善すると見込まれている成分です。

この成分は研究の歴史も長く、良いまつ毛育毛剤を選ぶ参考になるでしょう。

まゆ毛育毛剤について特徴と効果

実は目的や役割自体はまつ毛の項目で言っていることと同じです。

ある程度は飛ばして読んでいただいてもかまいません。

さて、男女問わずですが、特に女性はまゆ毛の薄毛が気になる人もいますよね。

もちろん普段からまゆ毛を抜いているという人はどうしようもありませんが、普通に暮らしているのにまゆ毛が薄くて悩んでいる人がいるのではないでしょうか?

眉毛のトレンドはその時期で変わるため、薄眉がトレンドだった時に抜いてしまった人もいるかもしれませんね。

そこでまゆ毛が生えてこないという人も見受けられます。

しかし、きちんとケアをしていれば、そのような状態でも生え変わっているはずです。

まゆ毛も体毛であり、成長する時期や脱毛の時期を繰り返し(間に維持する期間があります)、まゆ毛が生え変わっているからです。

それでもあまり生えていないという人は、この周期のバランスが崩れてしまっているのかもしれません。

実際には生えているけれど、長く成長する前に抜けていると考えられるでしょう。

そこで、眉毛の育毛剤を持って本来の周期バランスに直そうというのが、まゆ毛の薄毛対策になります。

ヒノキチオール、グリチルリチン酸2Kなどが主力となる成分でしょう。

もっとも医薬成分まで視野にいれるのなら、メチルテストステロンがあり、男性ホルモン類似の成分です。

まゆげのボリュームには男性ホルモンが関係することが分かっているので、効果は強く期待できるでしょう。しかし、それでは『薬』になってしまいます。

購入には医師や薬剤師の指導が必要です。

本記事のランキングで医薬成分を配合する製品も取り上げますが、医薬品の場合いはフラットドラッグストアに行って買えるものではありません。

まつ毛育毛剤はまゆ毛に使える?

まつ毛にもまゆ毛にも使えると明言している製品は、もちろん両方に使用することが出来ます。

両方で使えるからと言って、どっち付かずになるということもない印象です。

しかし、基本的にはまつ毛育毛剤はまゆ毛には使えませんし、逆も当然成り立ちます。

育毛剤としての効果がないどころか、悪影響をさえ及ぼすことがありえます。

実はネットを調べると、「まつげ用の育毛剤をまゆ毛に使用したら効果があった」という話が見つかるかもしれません。

確かに効果があるかもしれません。

それを否定するには実際に試し見るしかないでしょう。

しかし、試す必要なんてないのです。

使用範囲はメーカー側が既に検証して発売しています。

本来の使用基準から外れる場合はアフターケアなど対象から外れてしまうでしょう。

さらに、起き得る不都合なことを以下に紹介します。

  • 炎症を起こす
  • 肌が荒れる
  • 痒くなる

これらは軽度な症状なら使用を中止すれば解消されるでしょう。

しかし、重いダメージとなった場合に責任を取ってくれる人はいません。

勝手に使用基準を破ったのは自身だからです。

基本的に育毛剤は使用が許されているところへの利用に留めるのが、安全で健全な使い方でしょう。

副作用やリスクはあるか?

許可されていない部位に使用するリスクは直前の見出しで解説しています。

では、使用基準を守って使った場合に副作用は起きる可能性があるのでしょうか?

その前に使用可能な場所は守っていても、塗布できる範囲が狭いことには注意しましょう。

まつ毛だけに塗る、まゆ毛だけに塗るというのは意外と神経を使いますよね。

しかし、例えばまつ毛育毛剤の成分には、色素沈着を起こすものもあるため注意が必要といえます。

さらに、目の周辺での使用ですから、特に注意するべき副作用は目のかゆみや痛みになるでしょう。

あるいは目の不快感という形で表れるかもしれません。

その他、充血や目の乾燥、皮膚の炎症などが考えられます。

副作用が起こるかどうかは個人差の範囲ですが、もし起こってしまったら使用を中止して下さい。

症状がひどければ、病院に行くことも検討しましょう。

副作用を避けるためには、何よりも正しい塗布の仕方に気をつけて下さい。

まつ毛育毛剤おすすめ第1位「グラッシュビスタ」

基本的には病院で処方箋を出してもらう必要があります。

効果を期待するのなら間違いがないのですが、お手軽に利用開始とはいかないですね。

その内実は日本で厚生労働省から承認されたまつ毛育毛剤です。

実は『唯ひとつ承認された』と頭に付きます。

効果も安全性もある意味では国のお墨付きとも言えるでしょう。

実際に行われた臨床実験でも8割を超える人が、長さや太さが改善されたという結果を残しています。

ルミガンという育毛剤もほぼ同じ成分なのですが、こちらは育毛剤としては国から未承認です。

ルミガンは緑内障や高眼圧治療薬として国に認められているのです。

成分はほぼ同じなので、あまり深く考えずグラッシュビスタを選んでおけば問題ないでしょう。

正確には育毛剤としてのルミガンは海外輸入が必要になるのでおすすめできません。

代理業者もいますが、あえてリスクを犯す必要はないでしょう。

ただし、販売価格がおよそ2万円と高額なのがデメリットでしょう。

値段のことも、クリニックや医療機関への受診が必要なことも併せて、まつ毛育毛の最終手段とも言えます。

ランキング上の下位製品から手を取ってみるのもオススメとなるでしょう。

これは育毛剤の最終兵器であり、入門者用では決してないです。

まゆ毛育毛剤おすすめ第1位「ペレウス」

まゆ毛育毛剤の最終兵器のひとつです。

つまり、第一医薬品であり『薬』です。

医師・薬剤師の相談のもとで購入が出来ます。

ネットで第一医薬品の通販が解禁されたため、ネット上で薬剤師と相談(適正使用の確認)を行えば、購入できるようになりました。

『薬』の仲間である育毛剤は他にもいくつもありましたが、価格と期待される効果のバランスからオススメ第1位としています。

こちらは価格(2000円台)からも入門としてとりあえず使うことも出来ます。

もちろん薬ですから、注意を払った上でのことです。

もし、もっと強力なものを希望する場合は、順当に価格を上げていけば効果が強い製品に当たると思っても大丈ですが、効果で強烈な育毛剤ほど注意が必要です。

まつ毛・まゆ毛育毛剤おすすめ第2位「ノヴェルモイ」

第2位はまつ毛にもまゆ毛にも使用できる育毛剤です。

育毛をサポートする植物抽出成分を中心に配合しています。

さらに有効成分が毛母細胞と血行促進に働きかけます。

ヒアルロン酸などの保湿成分も配合しており、使いやすい育毛剤と言えます。

また、ホルモン剤(稀に副作用の原因)は使用しておらず、リスクをあまり気にせずに使っていくことが出来ます。

価格も平均的で使い始めやすい育毛剤であるでしょう。

まつ毛育毛剤おすすめ第3位「ビューティラッシュ」

ビューティラッシュはまつ毛育毛剤ではなく美容液ですね。

日本で開発されたものではなく、外国で開発されたものであり、既に販売実績が200万本を超えています。日本での評判も上々なイメージです。

医薬品ではなく価格も抑えられて作られており、まつ毛ケアの入り口におすすめではないでしょうか。

まゆ毛育毛剤おすすめ第3位「リューヴィ」

まゆ毛専用育毛剤ではリューヴィを選んでおきましょう。

あまり馴染みはないかもしれませんが、リューヴィは眉毛サロンですね。

利用者の実績もあり、さらに男女の区別なく使用可能です。

あまりコストパフォーマンスが良くないイメージです。

ランキングについて総評

どちらの育毛剤も上位は医薬品でした。

正直なところ、お手軽と真逆であるのであまりおすすめとはしたくないのですが、効果や価格のバランスからオススメとしています。

もっとも、いきなり医薬品というのもハードルが高いでしょう。

まずは2位や3位辺りから使用してみることもおすすめの方法です。

医薬成分が配合している育毛剤を購入する時は、販売者が責任をもってくれるものを購入しましょう。

海外の個人輸入は絶対におすすめできませんし、代理業者も利用者の育毛事情など知るわけもないのですから責任は持ってくれません。

医薬成分がある製品を使いたければ、手間ではありますが受診しましょう。

つまり、医薬品を使用することは最終手段であることを自覚してください。

まずは他の育毛剤で様子を見ることから始めるのが、コストや効果を考えた上でも良い方法でしょう。

まとめ

まつ毛とまゆ毛の育毛剤についてまとめてきました。

それぞれの特徴や効果、注意点を説明した後は、オススメランキングを作成しました。

<まつ毛育毛剤ランキング>
1.グラッシュビスタ
2.ノヴェルモイ(まゆ毛と共用)
3.ビューティラッシュ

<まゆ毛育毛剤ランキング>
1.ペレウス
2.ノヴェルモイ(まゆ毛と共用)
3.リューヴィ

このようなランキングを作成しましたが、最上位は医薬成分が配合しているため、簡単に始めることは難しいです。

まずは、他の育毛剤から様子を見ながらはじめてみるのもおすすめの方法と言えるでしょう。

実際のところ医薬品に頼るのは最終手段と考え、まずは他の育毛剤で予防や毛の成長サポートからはじめましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です