男性におすすめの育毛剤おすすめランキング8つと選び方をプロが解説

「おすすめの育毛剤が知りたい。できればいくつか候補もほしい」

「育毛剤はなんのために使うのだろう?」

「たくさん育毛剤があるけれど、どれから試してみればいいの?」

このような方のために育毛剤おすすめランキングを作成します。本文の流れとしては以下の通りです。

<男性にオススメの育毛剤>
・育毛剤の意味と効果
・ランキング7つと番外1つ
・育毛剤を選ぶコツ

それでは本文をどうぞご覧ください。

また、紹介するそれぞれの育毛剤については個別の記事も設けてあります。

興味がおありでしたら、ぜひご覧ください。

育毛剤の意味と効果

育毛剤の目的は薄毛の予防と抜け毛の防止と言えます。

そのために育毛剤は既にある髪の毛強く成長させようとしたり、頭皮の環境を改善したり、脱毛ファクターの抑制をしたりします。

実際には多少の差異がありますが、だいたい育毛剤の効果・効能は以下の通りです。

<育毛剤の目的と効果・効能の例>

・育毛を促進したい→新陳代謝の活性化する

・AGAを改善したい→脱毛ホルモンを抑制する

・髪の毛の健やかな成長→血行を促進する

・土台である頭皮環境の維持→頭皮の保湿をする

・抜け毛を防ぎたい→頭皮の消炎と殺菌

それぞれの育毛剤の工夫によって、育毛剤の効果・効能は違いを見せますが、だいたいは上記の通りでしょう。

見ての通り、髪の毛をはやすのは育毛剤の領分ではありません。

育毛剤は髪の毛を健やかに成長させるために、丈夫に育てて抜け毛を防ぐために用いられます。

ちなみに、髪の毛を(全滅したところから)新たに生やすのは発毛剤の担当です。

しかし、発毛剤には副作用のリスクがつきまとうため、できれば使いたくありません。

育毛剤でしっかりと予防し、発毛剤のお世話になることのないようにしましょう。

そのためには早め、早めのヘアケアが必要です。

薄毛の兆候が見られたら、すぐに育毛剤の使用を考えてください。

ここからの本文はオススメの育毛剤について紹介します。

番外として発毛剤にもひとつ触れますね。

オススメその1「チャップアップ」

チャップアップはまさに王道な育毛剤と言えます。

基本を徹底的に押さえた多種の成分が配合されており、配合数ではトップクラスです。

様々な場所でオススメとして名前が挙がる育毛剤であり、実際人気も登場以来ずっと上位をキープしています。

育毛剤としてはスタンダードな、一般的な作りと言えますが、厚生労働省が効果・効能ありと定める成分を網羅的にカバーしきる勢いで配合しています。

AGA(男性型脱毛症)の脱毛ファクターであるDHTという男性ホルモンの活動を抑えるため、オウゴンエキスやヒオウギエキスなどの成分が確認できます。

また、当然ですが、薄毛・抜け毛の予防を担う成分も大量に配合している育毛剤ですよ。

例えば、育毛効果があるとされるM-034という成分などです。

結局のところ、育毛剤は配合している成分で勝負みたいなところがあり、実績のある成分を大量に含んでいるチャップアップは期待値の高い育毛剤でしょう。

無添加・無香料で使用感も良い育毛剤と評価されており、この意味では育毛剤に慣れていない方にも使いやすいことでしょう。

コストもそこまで高くないので、選びやすいのではないでしょうか。

オススメその2「イクオス」

イクオスはチャップアップと並んで配合成分数が多い育毛剤です。

イクオスを紹介しようと思うと、大体の説明がチャップアップと共通してきます。

実際、おすすめの育毛剤は「チャップアップかイクオスか」みたいなところがありますね。

基本を押さえたスタンダードな育毛剤ですが、リニューアルが行われるなど開発も意欲的です。

チャップアップにも配合されている育毛成分M-034を進化させたアルガス-2を配合していますね。

イクオスは公式サイト以外では返金保証やアフターケアがついてきません。

そもそも、イクオス公式は、公式サイト以外ではイクオスを販売しないと強調しています。

ときおり、大手通販ショップにも出品されていますが、なにかしらの個人業者とかでしょうか?

仮に販売金額が安かったとしても、こちらで購入してしまうと保証がありません。

返金保証ははじめて使用する場合は重要です。

できる限り注意しましょう。

販売金額自体も割引を利用すれば、負担にはなりにくいでしょう。

オススメその3「BUBKA」

BUBKAも育毛成分M-034を配合しています。

実は育毛剤の中でもM-034をいちはやく取り入れた実績があります。

ほかにも頭皮の硬化を防ぐ成分が含まれていますね。

これは、成分の浸透力を確保する試みのひとつであり、また、髪の毛が成長する土台を維持する目的でもあるでしょう。

トータルスペックでは上位2つの育毛剤とも並びますが、コストが高いことで有名であり、なかなか最初から利用しようと思えないのがネックです。

以前はチャップアップから完全に押されていましたが、リニューアル後は後塵を拝することもなくなりました。

番外ランキング「リアップX5プラス」

先に述べた通りにチョッと割り込みまして、育毛剤ではなく発毛剤の紹介をします。

リアップX5プラスは壮年性脱毛症における発毛と育毛が目的です。

正体は医薬成分を含む第一類医薬品です。

育毛剤ではもう無理がある・予防は芽が出ずに終わってしまったという人に紹介します。

薄毛の治療を目的としたヘアケア製品です。

リアップX5プラスはミノキシジルという医薬成分を配合しています。

効果は強く期待できますが、一方で、副作用のリスクが明示されています。

このため、購入には薬局に常駐する薬剤師か医療機関での相談が必須です。

実は最近ではネットで気軽に買えるようになってしまいました。

しかし、はじめてのときは相談してから購入がよいでしょう。

育毛は髪の毛が残っていなければ無理なことです。

理論上は産毛でも構わないため、育毛剤の対象範囲は広いでしょう。

一方で、ほぼ完全に髪の毛がなくなってしまったときが発毛剤であるリアップの出番です。

しかし、壮年性脱毛をターゲットにしていることは覚えておきましょう。

今回紹介する中ではぶっちぎりで効果は見込めるでしょうが、そもそも育毛剤では手遅れとなってしまった人向けの製品です。

予防がうまくいけば出番がないはずでしょう。

育毛剤で予防しきることを目指すべきです。

オススメその4「REDEN(リデン)」

リデンはスイスで発毛促進の根拠を得た成分、リデンシルを配合しています。

発毛促進とまでいくと、育毛剤の領分から外れる気がしますが、副作用がないというのなら試す価値はあるでしょう。

リデンはリデンシルが厚生労働省から有効成分との認可が下りていないため、育毛剤ではなく化粧品の分類になります。

育毛剤の中には、厚生労働省が認める成分を中心に、育毛剤としての許しを得る育毛剤と、まだ認められていない新しい成分を中心に、化粧品として売り出しているものの二つのパターンがあります。

リデンは後者のヘアケア用品です。

リデンシルはまだ、認められた成分ではないとはいえ、今後に期待できる成分であることは間違いありません。

AGAに対抗する成分に乏しいことが弱点でしょうか。

オススメその5「DEEPER3D」

育毛剤として紹介しますが、法律下のカテゴリは化粧品の仲間です。

もちろん、効かないと言いたいわけではありません。

まだ、DEEPER3Dは認められていないのです。

新しい発毛成分をはじめとして、意欲的な工夫をしているのですが、厚生労働省に医薬部外品(育毛剤の条件)に該当する成分とは認められていません。

この法律のもとでは基本的に、新しいものが認可されるまでは時間がかかります。

身体に入る可能性があるものなので、慎重になるのは仕方がありません。

DEEPER3Dの主役となる成分は、キャピキシルという次世代発毛成分です。

ヘアケア業界やクリニック、事情通による期待が大きい成分であることを受けて、このランキング順位としました。

さらにリニューアルも行い、意欲的な開発が続いている育毛剤でしょう。

リニューアル後はさらに、DEEPER3Dにリデンシルも追加配合されました。

このように新しい成分を次々に取り入れており、次世代のヘアケア用品へ一直線と言えます。

使用方法がスポイトを用いるやや独特なものなので、はじめて使う時は戸惑うかもしれませんね。

新成分が中心であるためか、育毛剤としては販売価格が高いことがネックになるでしょう。

育毛剤は一度のコストではなく、ランニングコストで考えなければなりません。

高いポテンシャルを持ちながら、高価格であることが大きなデメリットとなっています。

オススメその6「フィンジア」

このフィンジアも正確には育毛剤ではないです。

法律の下でみたフィンジアは化粧品に分類されます。

新しい成分を中心にヘアケア用品の定めですね。

正式に認可されるのを待ちましょう。

キャピキシルに加え、さらにピディオキシジルを配合しています。

どちらも新世代の発毛成分と目されているようです。

さらに、フィンジア新成分を効率よく使うためか、頭皮への浸透力確保に積極的に見えます。

一言で表すと、フィンジアの特徴は新しい成分を中心とするヘアケア用品ということでしょう。

先駆けて効果を試してみるだけの価値はあるかもしれません。

残念ながら1個あたりの容量が少ないわりに、価格は平均以上であることからコストパフォーマンスが非常に悪いヘアケア用品です。

オススメその7「ポリピュアEX」

この育毛剤・ポリピュアEXについては当サイトの個別記事も参考にして欲しいです。

やや複雑な説明が必要だからです。

ポリピュアEXは栄養補給して活性化させる育毛剤です。

しかし、補給先は一般的な頭皮ではなく、その下、毛乳頭にダイレクトで栄養を補給して活性化させます。

新しい発想の育毛メソッドです。

では、なぜこのランキングかと言えば、現在のポリピュアEXは発想が新しく検証がしにくいからです。

しかし、ポリピュアEXの考え方は期待できる考え方に思えます。

刺激が少なく、コストも低い使いやすい育毛剤です。

男性向けの育毛剤の選び方

男性向け育毛剤の選び方は、まず最低限男性向けの育毛剤を選ぶことです。

男女兼用の育毛剤もありますが、女性向け育毛剤は選んではいけません。

薄毛のメカニズムが男女で違うからです。

次にネット上でレビューや体験談を集めます。

寄せられていたレビューをすべて参考にする必要はありません。

レビューは自分にとって価値が高いものを参考にすればよいのです。

自分に価値が高いレビューとは自分と似たユーザーのレビューです。

例えば、年齢、性別、頭皮の状況、髪の毛の状況、生活習慣など、つまり属性が近いユーザーを探すべきでしょう。

もちろん、詳細情報を書いている人はあまりいないでしょうが、僅かな情報を組み合わせていきましょう。

例えば、自身が20代・30代の場合に、好評なレビューのほとんどが50代のユーザーが中心だった場合、「若い人には効かないのかな?」と想像できるでしょう。

しかし、最終的には育毛剤との相性は個人差によると言えます。

つまり、自分で使って試してみるまでは、自分にとって効果があるのかはわからないのです。

この効果があるかどうかの判定は、少なくとも3ヶ月から半年以上をみましょう。

この期間くらいは効果を見るための準備期間とも言えます。

判定まで時間がかかりますが、髪の毛の成長がまず遅いのですから仕方ありません。

焦ってもコロコロと変えると損失につながりかねません。注意して忍耐強くがんばりましょう。

まとめ

男性にオススメの育毛剤を7個プラス発毛剤1個も紹介しました。

配合成分が多いものから、新成分中心のもの、新発想のもの、育毛剤にはいくつもの傾向があります。

しかし、結局のところ育毛剤と個人の相性は試してみなければわからないと言えます。

育毛剤を試すには、少なくとも3ヶ月以上という時間がかかります。

前準備として、ネット上のレビューの内、自分に似通った属性のユーザーレビューを参考すると良いでしょう。

今回紹介している育毛剤は上位ほど、多くの人にマッチする可能性が高いと言えます。

もし、育毛剤選びに迷ったら、紹介している育毛剤から選んでみても良いでしょう。

個々の育毛剤の説明は別記事でしっかりとやっています。興味があれば参考にして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です