安いプチプラ育毛剤おすすめランキングベスト5をプロが徹底評価

「薄毛が目立つような気がする……」

「イヤだ……。抜け毛が……」

「ヘアケアをしなきゃ。でも育毛剤って高いよね」

早めにヘアケアをしたいのに、「育毛剤はちょっと高いな」と思う女性の方は多いのではないでしょうか?

実際のところ、育毛剤はそれなりのお値段です。

しかし、薄毛の予防や脱毛の対策のためにもヘアケアはしたほうが良いのですから、正直なところ頭が痛い話でしょう。

本文中では価格控えめのプチプラ育毛剤について、以下のポイントに従ってまとめていきます。

<安いプチプラ育毛剤について>
・育毛剤ごとのコスト
・プチプラ育毛剤の選び方
・おすすめプチプラ育毛剤ランキング5つ
・注意点とリスク
・効果はあるのか
・高い育毛剤へ移ること

それではプチプラ育毛剤について、本文をご覧ください。

女性用育毛剤にかかるコスト

薄毛の予防や脱毛対策に心強い味方となってくれる育毛剤ですが、効果が高い育毛剤ほど価格高い傾向があります。

もちろん、どんな製品でも似たような傾向を示すはずです。

育毛の研究は現在でも精力的に続いており、新しい臨床結果から新事実も分かっています。

それらの研究にもお金がかかりますし、成果をフィードバックして製品にするのもお金がかかります。

それらの開発費用が製品の販売価格に反映されているのでしょう。

育毛剤を使用する上での特徴としては、継続して使用する必要があるということです。

3ヶ月以上から半年以上の使用で(体質にマッチしていれば)効果が確認できます。

しかも、その後の継続的な育毛剤の使用も前提となるでしょう。

育毛剤を継続して使用する以上は、一定期間ごとに育毛剤の購入コストが発生します。

年間の出費として考えると、それなりに高額なものになるでしょう。

育毛剤のコストは1年あたり3万円から15万円くらいまで幅が広いですが、毎月3万円もヘアケアに使いたくない人もいますよね。

「効果が出るかもわからないのに、けっこう価格が高いな……」

「まずは安価な育毛剤から試してみたいのが人情じゃない?」

「育毛剤の他にもシャンプーもサプリも必要って聞くのに……」

このように、コストに対して及び腰になるのは仕方がありません。

一方で、コストを抑えた育毛剤というものも存在します。

中でも、特に価格が安いプチプラ育毛剤を以下の本文では紹介します。

プチプラ育毛剤のコスト

プチプラという言葉は正確な定義があるわけではありません。

「もう、知らない人はいないかな」とも思いますが、プチプラはプチプライスの訳です。

もっとも、プチプラの値段の範囲は決まっていません。

「これ、安い!」は個人の主観で成り立ちますからね。

ネット専売の育毛剤は効果が高いと言われますが、それらは基本的に販売価格が高めに設定されています。

プチプラ育毛剤は、ドラッグストアや薬局の店頭で購入できる製品から主になるでしょう。

初回、あるいは条件付きで、格安になる育毛剤もプチプラでのお試しが可能となる製品です。

格安の育毛剤はお試しが簡単にできるのが、もっともありがたいのではないでしょうか。

プチプラ育毛剤の選び方・コツ

プチプラの育毛剤であれ、育毛剤の選び方は共通です。

さらに、コストを配慮した製品を選ぶのが良いでしょう。

<プチプラ育毛剤の選び方>

  • 医薬成分は避ける(管理が難しい)
  • 低刺激のものを選ぶ・無添加(ノンアルコールなど)を選ぶ
  • 血行促進を行うものを選ぶ
  • 頭皮を保護するものを選ぶ
  • 消炎作用があるものを選ぶ
  • 脱毛因子を抑えるものを選ぶ
  • コストパフォーマンスが良いものを選ぶ

『プチプラ』つまり低価格だというのに、少し贅沢な『育毛剤の選び方』でしょうか?

しかし、髪の毛のケアに使うものですから、「出来る限りはこれらの条件を満たすものがあればいいな」と思うのが当然でしょう。

もちろん、低価格ゆえに多少は制限がはいるかもしれません。

実は上記の要素がすべて必要な人はそれほど多いではありません。

例えば、肌が強ければ肌への刺激もあまり気にならないからです。

つまり、自分にとって効果があれば、低価格の育毛剤であれ、機能が制限されている育毛剤であれ、自分とってはベストな育毛剤となります。

そのためにも、効果や使い勝手を試してみなければなりませんね。

ここでも、価格が低いということが助けとなるでしょう。

場合によっていくつもの育毛剤を試してみて、自分にとって効果のある育毛剤を見定めることも必要になります。

とはいえ、効果を見る期間は等しく長いのですから、やみくもに育毛剤を当たるわけにはいかないでしょう。

以下にはプチプラ育毛剤のおすすめ製品を紹介していきます。

おすすめNO.1「マイナチュレ(初回)」

メディア露出の回数が多い育毛剤がマイナチュレです。

コストパフォーマンスが良い育毛剤と言えるでしょう。植物成分由来・無香料・無添加と刺激が少ない育毛剤です。

定期購入の申し込みをすると、初回のみ980円で購入可能です。

育毛や薄毛の有効成分と共に、天然や来成分やアミノ酸などを配合しています。

購入申し込みはネットからのみです。

店頭販売がありませんが、ネット上で評判を伸ばしてきました。

店頭販売されていないという事は面倒ではありますが、ネット上での販売は評判をダイレクトに反映するとも言えます。

初回のみ1000円を下回るこの育毛剤ですが、2回目以降は5000円を下回る程度の値段になります。

それが高いのか安いのかは個人個人の判断になりますが、個人的な見解としては女性のヘアケア用品としては決して高いとは言えないでしょう。

もちろん、『プチプラ育毛剤』という範囲からは外れることになるかもしれません。

値段が値段ですので、まず試してみても良いのではないでしょうか。

おすすめNO.2「リリィジュ(初回)」

リリィジュは初回購入金額が500円と破格な価格設定をしています。

2回目以降は通常価格になるとは言え、ワンコインで「とりあえず試してみる」ができるのは、とてもいいですよね。

育毛剤としてのリリィジュは、頭皮の保湿と髪の毛の成長サポートに力を入れているようです。

頭皮の乾燥は抜け毛・脱毛の原因と言われるので、この部分に力を入れるのは間違いではありません。

皮脂が関係してくるのですが、頭皮の乾燥は最終的には皮脂で毛穴を塞いでしまう事態に繋がります。

リリィジュの保湿成分は桐葉エキスになります。

日本で配合している育毛剤が他に見つからなかったので評価が難しいですが、桐葉は保水性が高いのとのことです。

また、通常のスキンケアのように肌を整える成分も配合されています。

頭皮コンディションを整えることは育毛の基本です。

おすすめNO.3「ちふれ薬用育毛エッセンス」

市販されている育毛剤で、かつ、コストが安いものを取り上げます。ちふれ薬用育毛エッセンスです。

『ニンジンエキス』や『冬虫夏草エキス』、『ローヤルゼリー』など成分を配合しています。

どの成分も主に頭皮の保湿に強く働きます。

既に触れていますが、頭皮の保湿は育毛にはとても重要です。

さて、値段も2,000円を下回り、手を出し安いでしょう。

しかし、成分数的には既にあげた育毛剤から試してみるのが良さそうです。

おすすめNO.4「モルティ薬用育毛ローション」

ドラッグストアなどの店頭で購入できる育毛剤の中で、通常価格が1,000円を下回るものとしてランクインしました。

モルティ薬用育毛ローションです。

とにかく、安いですね。

まずは「ヘアケアを始めよう」と思ったときに取り掛かりやすいお値段です。

低コスト・お手軽が最大の魅力です。

おすすめNO.5「ベルタ育毛剤」

これをプチプラ育毛剤に含めるかというと、やや微妙な価格でしょう。

販売価格は初回3,980えんで、2回目以降は4,980円です。

プチプラは主観とはいえ、やや高いなと思う方もいるでしょう。

もっとも育毛剤の中では高い方というわけでもなく、実はお手頃な価格であったりします。

今回紹介する中では期待値の高い育毛剤でしたので、やや趣旨から外れるもののランクインとなりました。

成分としては56種類の成分が配合されており、浸透力もナノテクノロジーによって確保されています。

育毛剤の中でもかなり良いバランスをしています。

ヘアケア入門用育毛剤としても優れているでしょう。

プチプラ育毛剤の注意点とリスク

プチプラ育毛剤を使い始めたからといって、安心しないで効果をしっかりと確かめましょう。

下の見出し『プチプラ育毛剤って効果ある?』でも触れますが、値段以上に育毛剤との相性が大切になります。

育毛剤に配合している成分にも気をつける必要があります。

天然由来の成分や有効成分ならある程度以上は問題ありませんが、なかにはケミカルな成分を主成分としている物もあります。

海外の格安育毛剤などでは成分がはっきりしないことも多く、基本的には選ぶ段階で避けるべきでしょう。

本来であれば育毛剤というのは副作用がないのですが、成分表のチェックを怠った場合はその限りではありません。

副作用やその他のリスクという点では、ネットで専売となっているような高クオリティ育毛剤のほうが安全です。

プチプラ育毛剤って効果ある?

育毛剤はそれぞれの人との相性で効果があるのかが決まっています。

栄養が足りない人がいれば、遺伝的に抜け毛が多い人も、そして肌が弱い人もいます。

育毛剤の良し悪しとは相性で決まるものと言えるでしょう。

もっとも、効果的な成分を網羅していると、より多くの人との相性をカバーするとも言えます。

一方でプチプラ育毛剤は成分数がやや少ないものも多いです。

危惧するとすれば、この点になるでしょう。

しかし、結局のところ、育毛剤が効くのか・効かないのかは自分で試して確認することが必要です。

効果がないと言い切ることはできません。

販売価格が高いほうが自分にとって当たりを引く確率が高いといえるだけであり、プチプラ育毛剤が常にハズレというわけではありません。

逆に当たりを引いたときのコストパフォーマンスは凄まじいでしょう。

コストが高い育毛剤に移るタイミング

どうしてもプチプラ育毛剤では効果が出ない場合などは、通常価格の育毛剤を利用することになります。

髪の毛は一生モノです。

正直なところ、ヘアケアにかけるお金は、それなりに高額でも良いと思っています。

また、コストが高い育毛剤は安定して使用できます。

自分にあった育毛剤も見つけやすいでしょう。

すぐにでもヘアケアを始めたい場合は、コストが高い育毛剤からのほうが成果も出るかもしれません。

また、今回は初回のみ安い育毛剤も取り上げております。

これらは利用後に気に入ったら通常の価格で継続することもオススメとなります。

まとめ

プチプラ育毛剤についてまとめてきました。

値段が安いと言っても、ずっと安いものだけでなく、初回のみお試し価格で販売されているものも取り上げました。

なぜ、そうなったかと言うと、やはり高コストの育毛剤のほうがバランスは良かったことがあります。

プチプラ育毛剤のなかで、ここで紹介できるほどに期待値が高い育毛剤は多くなかったのです。

そういう意味ではこのランキングは厳選した結果と言えるでしょう。

さて、本文中でも書きましたが、育毛剤は利用する人との相性が大事なものです。

よって、試す前からプチプラ育毛剤は効かないとは言えません。

もし、自分にとっての当たりを引けば大ラッキーです。

一方で、物足りないと思った場合には、ネット専売の育毛剤などの高クオリティな育毛剤へ移ることもオススメでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です