RHIZOGAINの特徴と口コミを育毛剤研究家がガチ評価

「まだ挽回できるよね……。いや、ハゲてないし……」

「育毛剤とか、ヘアケアとか、まだ必要ないでしょ?」

「まだ、大丈夫のはず……」

「育毛剤とか高いし、まだ若いし、大丈夫でしょ」

このように思う人は自分を誤魔化している余裕はないですよ。

ヘアケアはスピード勝負です。

育毛剤はそのための有力な手段となります。

さて、『リゾゲイン』は面白い形式の育毛剤です。

本文ではリゾゲインの詳細や特徴、効果、価格などをまとめます。

本文中では以下の流れに従ってリゾゲインを説明していきます。

<リゾゲインの特徴と口コミ>

・リゾゲインの特徴と詳細
・リゾゲインの効果
・販売価格の比較
・口コミとレビュー

それでは、リゾゲインについて、本文をどうぞご覧ください。

リゾゲインの特徴と詳細

RIZOGAIN(以下、リゾゲイン)は医薬部外品に分類される育毛剤です。

なんと、育毛剤としては珍しい、2つの容器に分かれています。

育毛剤を分けるのは、はじめてみましたね。今回は両方セットのプレミアム育毛キットに触れていきます。

髪の毛を育毛する『リゾゲインヘアエッセンス』と薄毛の進行を止める頭皮ケアの『リゾゲインスカルプブースター』の2つに分かれています。

他の特徴としては頭皮の老化防止に力を入れていることでしょうか。

頭皮は髪の毛が育っていく土台ですから頭皮の環境改善は重要です。

ちなみに、上で少し触れている医薬部外品という言葉も重要です。

製品のグレードや特徴、扱い方を表しています。

医薬部外品は国が認めた成分を中心に配合しています。

リゾゲインに配合している成分には有効成分が配合されていて、さらに効果は国のお墨付きがあるような状態です。

もっとも、リゾゲインスカルプブースターは医薬部外品ではなく、分類は化粧品になっています。

どちらにしろ2本セットで運用するので、大きく影響はないでしょう。

リゾゲインについて取り上げる前に、育毛剤自体の目的を説明しておくべきでしょう。

育毛剤の役割は薄毛の予防や抜け毛の防止です。

そのために育毛剤は、既に生えている髪の毛の成長をサポートしたり、脱毛に関連したホルモンの働きを抑えたり、頭皮環境を改善したりしまし。

<育毛剤の効果・効能>

1. 育毛をすすめるため、新陳代謝をブーストする

2. 頭皮環境を改善するため、保湿(モイスチャライジング)する

3. 髪の毛を丈夫にするため、血行不良を改善する

4. 抜け毛を防止するため、頭皮の炎症を抑え、殺菌をする

5. AGA(男性型脱毛症)改善のため、5αリダクターゼを抑制する

上記を見てもらえばわかりますが、最終的にはすべてが薄毛の予防と抜け毛の防止につながるのです。

一例ですが、脱毛は髪の毛が十分に成長する前に抜けてしまうことで起きます。

また、丈夫で健やかな髪の毛の成長を促せば抜けにくくなります。

そう、育毛剤はハゲを治すことが目的ではないのです。そもそもハゲを治すのは治療の領域ですからね。

ハゲ治療を安全に行いたければ、専門のクリニックに行くと良いでしょう。

実際、完全に髪の毛が生えない状態(ハゲ)になってしまっては、育毛剤の恩恵は受けられません。

例え、産毛しかなくても髪の毛がまだあるなら育毛剤を使用できます。

理論上では産毛が残っている状況なら、ギリギリ効果も期待できるでしょう。

髪の毛のボリューム復活もありえるでしょう。復活とは生えてくることではなく、太く丈夫に成長することです。

ここからさらに症状が進んで、もう新しい髪の毛が生えてこなくなった状態、つまりハゲてしまった場合は予防から治療にシフトします。

もう、髪が生えない状態は症状です。つまり、必要なのは治療になります。

治療については発毛剤やクリニックの出番でしょう。

今回は話の関係上、触れはしませんが、そんな状態になる前に薄毛の予防と防止を行いましょう。

取り掛かりが早ければ、ハゲまでいかなくて済むかもしれません。

風邪になったら治療が必要ですが、その前に予防が成功すれば、リスクを下げられます。

<リゾゲインの特徴・工夫>

1. 業界初のWケア

2. 頭皮老化を抑制

3. 先進的成分

4. 脱毛原因を抑制

これらリゾゲインの特徴や工夫による効果は、下の見出し『リゾゲインの効果』で説明します。

これまで触れてきませんでしたが、副作用やその他のリスクはあるのでしょうか?

リゾゲインに副作用はあるでしょうか?

あるいは、副作用以外のリスクはどうでしょう?

結論から言うと、リゾゲインに目立った副作用やリスクはないと言えるでしょう。

そもそも、人間の体に副作用を起こせるような成分は配合していません。

ただし、リゾゲインは利用者ごとの体質差を完全にフォローしているわけではありません。

例えば、アレルギーや敏感肌の人は該当するかもしれません。心当たりがあれば、使い始める前に十分リサーチをしてください。

リゾゲインの効果

リゾゲインの効果を見ていきます。

前見出し『リゾゲインの特徴と詳細』で触れた通り、以下の特徴がありました。

<リゾゲインの特徴・工夫>

1. 業界初のWケア

2. 頭皮老化を抑制

3. 先進的成分

4. 脱毛原因を抑制

これに従って、リゾゲインの効果を見ていきます。

< 業界初のWケア>

頭皮ケアと育毛ケア、それぞれの専門ケアを行うダブルケアを行うようです。

ケアボトルを2つに分け、最初は頭皮ケアで頭皮状態を整え、育毛ケアで有効成分を浸透させ、高い育毛効果を発揮出来るという考え方です。

有効成分が効きやすい状況を作るのが目的でしょう。

<頭皮老化を抑制>

頭皮の老化を防ぐ4つの成分が配合されています。

老化した頭皮は成分の浸透が難しくなっています。

そのため、有効成分が頭皮に浸透しやすい状況をつくります。

<老化防止成分>

・セイヨウオオバコエキス

・シャクヤク根エキス

・ドクダミエキス

・ダイズエキス

これらの成分には、皮脂の過剰な分泌を抑えたり、頭皮での菌の増殖を止めたり、頭皮の炎症を抑えたりする作用が見込め、頭皮環境の向上・維持が期待できます。

<先進的成分>

クロクスクリサンツス根エキスを配合しています。独自の配合ですね。

クロクスクリサンツス根エキスとは、コラーゲンやエラスチンなどの成長因子の発生を促す効果見込めます。

成長をサポートする育毛成分と考えて良さそうです。

独自の成分が常に効果的というわけではありませんが、何の工夫もない、目玉の成分もないよりは印象が良いです。

<脱毛原因を抑制>

脱毛ホルモンDHTを作ることに関与する5αリダクターゼという酵素の働きを抑えます。

3つの厳選された植物成分を持って抑制しようとします。

<抑制成分>

・ジオウエキス

・オウレンエキス

・オウゴンエキス

オウゴンエキスをはじめ、AGA(男性型脱毛症)の対策としてみる成分です。

さて、リゾゲインに配合された他の成分については、基本的な成分を押さえているような印象です。

コストパフォーマンス次第では悪くない選択肢でしょう。

リゾゲイン販売価格の比較

リゾゲインはマツキヨなどの薬局やドラッグストアの店頭では売られていません。

リゾゲインの入手にはネット通販で購入することが必要になります。

公式サイトを始め楽天市場やAmazonなど大手通販サイトでも販売しています。

それではどこでリゾゲインを購入するのが、トータルでお得になるのでしょうか?

基本的には公式サイトで購入するのが最もお得であると言えるでしょう。

このお得というのはWケア2本セットのプレミアム育毛キットを購入する場合の話です。

例えば、Amazonや楽天市場で購入すると、通常9800円のところ7,000円から8,000円の間といったところです。

出品しているショップによってやや値段の幅がありますが、大体はこの金額の間に収まるようです。

一方で、最もお得であろう公式サイトでは通常9,800円のところ7,840円で購入できます。

これは通常購入の話です。

お得になるのは次の買い方で、定期コースを利用することになります。

定期コースを使うと、40%オフの5,880円で購入することができます。

最低限3回継続して使うことが前提になっていますが、3回目以降は変更・休止・解約はいつでもOKとなります。

この定期コースはお届け間隔や日時なども自由に選べて送料も毎回無料です。

継続した育毛ケアを行うには、思ったよりもコストがかかります。ずっと、40%オフということは、シンプルにありがたい話でしょう。

育毛ケアをしっかりと実感するなら、早く始めた方が断然お得なので、早々に利用させてもらいましょう。

定期コースは3回の継続が必要とはいえ、最初の60日間に限り返金保証があります。

こちらも利用させてもらいましょう。

万一、効果が実感できなければ商品をどれだけ使っていても60日以内なら全額返金してくれるそうです。

これら保障を十分に受けるためにも、公式サイトから購入することがトータルでお得になるでしょう。

しかし、定期コースの利用に最低限3回という条件が、気軽に始めにくいかな、という印象です。お得なのですが、定期コース・最低3回以上と聞くと気後れしそうです。

最後に注意点を書いておきましょう。

この記事で用いた販売金額は2017年10月にリサーチした数字によるものです。

本文を閲覧したタイミングや、販売元の値段見直しなどによっては、数字にズレが生じる可能性もあるでしょう。

申し訳ありませんが、その際には独自に対処をどうか宜しくお願い致します。

リゾゲインの口コミとレビュー

リゾゲインのカタログスペックを紹介してきました。

そろそろ利用者(利用していた人)の言葉も取り上げてみましょう。

リゾゲインの口コミやレビューの要点をまとめていきます。

月並みですが、リゾゲインは万人に効果を保証するものではありません。

あくまでも、以下のこれら意見は個人の感想であることを踏まえて参考意見としてください。

<リゾゲインの口コミとレビュー>

【2本に育毛ケア用品が分かれているのって、最近は珍しい方法ですね】

【髪の毛が太くなってきたと思います。しっかりとしてきました】

【抜け毛が減って、髪をまとめやすくなってきました】

【2ヶ月以上使用を続けて、効果を実感しはじめました】

【頭皮の炎症やフケが落ち着いてきました】

【上のハリが戻ってきました】

【薄毛が回復し、ボリュームが戻ってきています】

【ニオイやベタつきはないようです】

【定期コースまで使うと安めですね】

【副作用はなかったです】

好評なレビューが多かった印象ですが、最終的に自分にあった育毛剤かどうかは使用してみてチェックしましょう。

実際のところ、薄毛の進行を止めて、髪の毛に育毛ケアをできるだけ早くはじめることが唯一成功率を上げる方法です。

リゾゲインの総評

リゾゲインの育毛剤としての評価は、ケア用品を2つに分けていることが珍しい育毛剤です。

実際、かなり昔にはあったような気がしますが、もう見ない気がしますよね。

これで、特に頭皮の老化に対処することを目的としているのですが、やや管理が手間ではないでしょうか?

手間といえば、定期コースが最低3回以上の利用が必要となるのもネックでしょう。

お手軽に手にとってみにくいイメージがありますね、やっぱり。

ただし、配合している成分は、有効成分を中心に基本を押さえた成分が配合されているイメージでした。

もし、リゾゲインを2つに分けることが本当に効果あるのなら、最終的には成分の浸透力が上がることになるので、おもしろいですね。

最終的には自分に合った育毛剤かどうかは、どうしても自分自身に使って確認しなければなりません。

定期コース利用ならコストパフォーマンスが良い育毛剤です。

自身との相性を確認するのも低負担ですね。

3ヶ月以上の継続した使用で、育毛剤としての効果を見定めるのが必要なので、最低3回以上の条件もこの時はあまり関係ありませんね、効果を見定めるまでの間に3回はクリアしますね。

副作用のリスクもありませんし、興味を持ったら試してみる価値のある育毛剤でしょう。

まとめ

リゾゲインは2つのボトルから成り立つ育毛剤です。

育毛用と頭皮ケア用に分かれています。

<リゾゲインの特徴・工夫>

1. 業界初のWケア

2. 頭皮老化を抑制

3. 先進的成分

4. 脱毛原因を抑制

本文中では、上記に従ってリゾゲインの効果や特徴を見ました。

独自の配合や独自の工夫がいくつか見られました。

しかし、それらが実際に効くかどうかは、自身の頭皮や髪の毛でチェックしなければならないでしょう。

最低3回以上の利用という条件があるものの、定期コースで購入するとコストパフォーマンスに優れた育毛剤です。

興味があれば、手にとってみても良いであろう育毛剤でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です