養毛剤おすすめランキングベスト3とその特徴をプロが徹底解説!

「髪の毛が不安だからなにかヘアケア用品を使おう」

「さて、育毛剤も養毛剤も同じだよね?」

「養毛剤とかあまり見た覚えがない気がするなぁ……」

ヘアケアをこれから始めようとする人のために、この記事では養毛剤についてまとめます。

以下の流れのもとに養毛剤について説明します。

<養毛剤について>
・養毛剤とはなにか?
・ヘアケア用品のグレード
・養毛剤の効果
・養毛剤ランキング

それでは、ここからは養毛剤についての本文をどうぞご覧ください。ご参考になれば幸いです。

養毛剤とは何ですか?

「髪の毛の不安は養毛剤を使えばいいのかな?」

「そもそも、養毛剤とは何でしょうか?」

この答えを書くとガッカリする人がいるかもしれませんが、養毛剤は髪を成長させたり、髪を新たに生やしたりはできません。

「養毛剤って育毛剤の仲間でしょ?」

「育毛剤と同じものってイメージがあったけど……」

養毛剤は育毛剤の名前換え商品などではありません。

はっきりと別物の製品カテゴリです。

養毛剤の主な役割は

1.現在生えている髪の保護と、

2.頭皮の清潔にし、頭皮環境を保つことです。

養毛剤のヘアケアとしての取り組みは、現状の維持が主目的と言えるでしょう。

「それって育毛剤でもやるのでは?」

「なぜ、わざわざ養毛剤を使うのかわからない」

養毛剤には育毛を行うことがもちろんできません。

ヘアケア用品の中では最も穏やかな効果・効能を持っていると言っても良いでしょう。

その反面、副作用やその他のリスクが最も少なくて済むヘアケア用品です。

ヘアケア用品のグレード

ヘアケア用品で以下の名前を聞いたことがないでしょうか?

<ヘアケア用品の種類>
・発毛剤(第1類医薬品)
・育毛剤(医薬部外品)
・養毛剤(化粧品)

日本で流通しているヘアケア用品は、上記の順に効果や効能が強いことが一般的です。

第1類医薬品である発毛剤はその名のとおり、『薬』の仲間であることは間違いありません。

効果が強い代わりに副作用のリスクも背負うことになります。

発毛剤の効果が強いというのは、既に生えてこなくなってしまった箇所から、新たに髪の毛を生やすために用いられることからわかるでしょう。

医薬部外品である育毛剤は、いわゆる『薬用』と言われる製品です。

厚生労働省から効果があるとみなされた成分を中心に配合しています。

育毛剤の効果は育毛のために、既に生えてある髪の毛の成長を促したり、頭皮環境を改善したり、脱毛のファクターを抑制したりすることです。

ここで言う育毛とは、薄毛の予防や抜け毛の防止をすることで目的が達成されます。

そして、養毛剤は化粧品です。はい、そのものずばり化粧品ですね。

医薬剤の成分もなく、厚労省が認めた成分も含まれていないでしょう。

養毛剤は先に触れているのでわかると思いますが、最も緩やかな効果を持っています。

髪の毛や頭皮を清潔に保ち、頭皮環境を維持することです。

・効果や効能
発毛剤 > 育毛剤 > 養毛剤

・副作用やリスク
発毛剤 > 育毛剤 > 養毛剤

これらは本来なら自身の髪の毛や頭皮の状況で最も適したものを選ぶことになります。

例えば、本当のハゲ治療(髪がすでにない)には発毛剤の出番ですし、ハゲを予防したい(少なくとも産毛はある)となったら育毛剤の出番でしょう。

養毛剤の出番となるタイミングについては次の見出しで触れます。

養毛剤の効果

養毛剤の名前をこれまで聞いたことがある人は、実はそんなに多くはないでしょう。

実のところ、養毛剤はそんなに売っていない印象ですね。

髪の毛が健在の時から、髪の毛のケアに力を入れる男性が少ないからでしょうか?

養毛剤ももちろん、髪の毛は健在でなければなりません。

改めて発毛するような力はないでしょう。

また、髪の毛の薄毛が進行し始めた状態には効きません。

育毛剤のように予防はできません。

さて、養毛剤は髪の毛と頭皮を養うのが効果になるでしょう。

養毛剤は頭皮を維持するために、頭皮に栄養を与えることになります。

現状の頭皮や髪の毛状態をキープすることが最大の目的です。

養毛剤を使い始めるべきタイミングは特にありません。

まだ、髪の毛に異常はないが、「そろそろ備えようかな」と思った時が適切なタイミングのひとつでしょう。

さて、ここまで書き進めておいてなんなのですが、実は養毛剤そのものは存在しません。

それこそ、ヘアケア化粧品や育毛ローション(育毛自体の裏付けはなし)などを養毛剤として呼んでいます。

養毛剤は栄養を与える意味を持つため、そのためにも頭皮は血の巡りが良いほうが効果的でしょう。

マッサージなどとの併用をおすすめします。

他のヘアケアとのあわせて使うのならば、お互いに手が届かないところを補完する関係になれるかもしれません。

養毛剤という厳密なカテゴリがない以上は、こちらで「これは養毛剤だろう」と判断したものも、これから先の養毛剤ランキングに出てきます。

それでは、養毛剤ランキングをどうぞご覧ください。

養毛剤を探すこと自体が難しかったり、正体が育毛剤であったりしました。よって、以下にはランキングに3つだけ紹介します。

養毛剤について正確に理解されていないから、市場・ネット上で育毛剤と混ざっていることがあります。

この点には注意が必要でしょう。

養毛剤のおすすめその1「カローレ」

他の製品が育毛剤と養毛剤を混同する中で、カローレは狙って、当初の設計段階から養毛剤を作ると決めていたようです。

それは頭皮のダメージを徹底的に抑えるためであり、結果として育毛剤や発毛剤などに含まれている成分を避け、さらに無添加で作ることになりました。

カローレに配合している成分は、すべて天然由来の成分であり、アルコールや保存料もゼロです。

頭皮にダメージを徹底的に嫌った安全性の高い養毛剤でしょう。

養毛剤のおすすめその2「AQUA POLA アクアバランス オム ヘアトニック」

養毛剤と明記していませんが、ここでは養毛剤として紹介しましょう。

医薬品でも医薬部外品でもないために、条件を満たしていると言えるでしょう。

大きな特徴はトニックであるということであり、シャンプーに必要な成分を配合させたということです。

このメーカーにこだわっているわけではありません。

似た製品ならある程度は共通した効果を見込めるはずです。

リサーチ時にも大きな差があるようには見えませんでした。

大きく評価しているのはシャンプーとして使えることです。

養毛剤をきちんと毎日使うのが面倒だと思う人は一定数いるでしょう。

しかし、この形なら日常の洗髪に組み込んで続けることができます。

その点を高く評価して、2位にランクインとなりました。

養毛剤のおすすめその3「スカルプリッチ」

こちらも養毛剤の記述がありませんが、化粧品のカテゴリであったため、ランクインしました。

低刺激な養毛剤であり、販売価格とのバランスも良いでしょう。

成分をみても基本を押さえたバランスが良い天然由来の成分を中心に配合をしています。

養毛剤のランキング総括

養毛剤は正直に言うと、ヘアケア用品の中では優先順位が低いかな、という印象です。

育毛剤は種類が多いですが、養毛剤はそれほど多くはありません。

やはり、世間の評価も養毛剤よりも育毛剤・発毛剤を優先しているようです。

養毛剤自体はヘアケアに寄与するものも多い中で、育毛愛と違い医薬部外品でないことから、配合している成分に効果があるのか、心配になります。

医薬部外品である育毛剤は厚生労働省によって認められた成分が入っていることが前提となっている部分があるので、どれも最低限の効果・効能は保証されています。

ちゃんと、成分を調べなければいけないところも手間がかかり、優先順位が下がっていそうですね。

適当に店頭で手に取ったところで、すぐには効果を推測できないでしょうから、難しいでしょう。

しかし、養毛剤とそれ以外のヘアケア方法をあわせて使うと、互いに足りないところをフォローしあえるかもしれません。

しかし、コストがやや上がるのが難点かもしれません。

ランキングを作成しましたが、あまり差がない印象でした。気になった製品からチョイスすれ良いでしょう。

ランキングでは養毛剤を3つしか選んでいませんが、本当に養毛剤と呼べるものが少ないのです。

さらにおススメの養毛剤を選ぶと3つくらいになってしまいます。

さて、養毛剤で物足りなくなったら、育毛剤への乗り換えも検討してください。

髪は一生ものなので、多少のコストは気にしないようにしましょう。

育毛剤の乗り換えの際には当サイトの別記事を参考にしてみてください。

最後に例外を一つ紹介します。

育毛剤として知られるものの中には、化粧品であるものもあります。

新規の成分が厚生労働省に認められない場合や、医薬部外品に認められない成分を中心としている場合があります。

例えば、キュアピキシルは医薬部外品に認められていないので、育毛剤とは呼ばれせん。

これはフィンジア(FINJIA)のことです。

こういう状況で養毛剤と間違わないようにしましょう。

まとめ

ヘアケア用品の養毛剤についてまとめました。

よく育毛剤と養毛剤が混ぜて取り上げられますが、実際にはまるで違う役割を持っています。

正直なところ、積極的に養毛剤に手を伸ばす理由はないとまで言えるでしょう。

あくまでも頭皮や髪の毛の現状維持が目的です。

薄毛の予防や抜け毛の防止、ましてや新たに発毛をさせるなんてことは養毛剤にはできません。

何も髪の毛に異常はないけれども、ヘアケアを始めたいという場合には養毛剤は良い選択肢でしょう。

しかし、意識が高いのは結構ですが、その場合は他にもやることがある印象ですね。

養毛剤は髪の毛が生える土台を維持し、頭皮の環境をまともな状態に保つヘアケアを行います。

他のヘアケア方法とあわせて使用すれば、お互いの足りないところを補う関係となるでしょう。

育毛剤については当サイトで力を入れてまとめています。

そちらも参考にしてみていただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です